News Release
 TOP航空宇宙の出来事>2011年7月
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2011年6月 一覧へ戻る 2011年8月
● 航空宇宙の出来事 2011年7月 ●
日付 国内・海外 出来事
7月1日(金) 海外 中国人の北朝鮮への団体観光旅行が再開され、上海の旅行会社が募集したツアー客約130人が上海から初の直行便となる高麗航空のチャーター便で平壌に向かった。
国内 スカイネットアジア航空の新ブランド「ソラシドエア」(Solaseed Air)がスタートした。
7月3日(日) 国内 ボーイング787型機が日本に初めて飛来した。
7月5日(火) 国内 航空自衛隊那覇基地(那覇市)に所属するF-15戦闘機(1人乗り)1機が、東シナ海上で訓練中に墜落し、搭乗員が殉職した。
7月8日(金) 国内 羽田発富山行きの全日空883便(ボーイング767-300型機、乗員乗客255人)で離陸から約20分後、左エンジンの振動が通常より大きくなるトラブルが発生し、羽田空港へ引き返し緊急着陸した。
国内 国土交通省は三菱重工業が製造する旅客機や自衛隊機などに使用されるアルミ・チタン製の部品で検査手順を省略する規定違反があったとして、同社に文書で厳重注意したと発表した。
海外 米航空宇宙局(NASA)はスペースシャトル「アトランティス」(乗組員4人)をケネディ宇宙センター(フロリダ州)から打ち上げた。
海外 中部アフリカ・コンゴ民主共和国北東部キサンガニの空港で乗客乗員118人を乗せて首都キンシャサから来た民間航空会社ヘワ・ボラ航空の国内線旅客機が墜落した。死者74名、負傷者40名。
7月9日(土) 国内 日本就航4周年を記念し、豪州の格安航空会社・ジェットスター航空は9日に限って片道運賃400円の日本―豪州のチケットを販売した。
7月10日(日) 国内 ボーイング787のテスト機が羽田から愛知県常滑市の中部国際空港に初めて飛来した。
宇宙 米航空宇宙局(NASA)の最後のスペースシャトル「アトランティス」(乗組員4人)はニュージーランド上空約386キロで、国際宇宙ステーション(ISS)との最後のドッキングに成功した。
7月11日(月) 宇宙 米航空宇宙局(NASA)の最後のスペースシャトル「アトランティス」の乗組員は1年分に相当する水や食料など補給物資(約4トン)を積載した多目的補給モジュール「ラファエロ」をシャトルの貨物室から国際宇宙ステーション(ISS)の結合部に取り付けた。
7月13日(水) 海外 ブラジル北東部レシフェでノアル航空のLET L-410型機が離陸直後に墜落、乗客乗員16人全員が死亡した。
7月15日(金) 海外 独最大手ルフトハンザ航空は国内定期路線で6カ月間にわたるバイオ混合燃料の試験運航を開始した。
7月20日(水) 国内 リクルートが発表した航空会社の満足度調査によると、アラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空が総合満足度4.34ポイント(満点は5.00ポイント)を獲得し、初の首位に立った。
海外 アメリカン航空の親会社である米AMRは米ボーイングとエアバスに対し合計460機の航空機を発注したことを明らかにした。
海外 米運輸保安局(TSA)は航空機テロ防止策の一環として空港に導入した全身投射型スキャナーについて、「全裸画像検査」との批判に配慮し、画像処理の方法を変更すると発表した。
7月21日(木) 海外 韓国の小型飛行機ナラオンが初飛行した。
海外 米航空宇宙局(NASA)の最後のスペースシャトル「アトランティス」(乗組員4人)がフロリダ州のケネディ宇宙センターに着陸した。
7月25日(月) 国内 津波被害を受けた仙台空港で、国内定期便が東日本大震災から約4か月半ぶりに再開した。
7月26日(火) 国内 静岡市清水区の富士川滑空場を離陸した小型機(エクストラ200)が駿河湾に墜落し、パイロット1名が死亡した。
国内 宇宙航空研究開発機構は09年に宇宙飛行士候補に選抜し、米国などで訓練を続けていた油井亀美也さん(41)と大西卓哉さん(35)、金井宣茂さん(34)の3人を、国際宇宙ステーションに滞在する飛行士として認定したと発表。
7月28日(木) 海外 韓国南部・済州島の西約130キロの海上に、アシアナ航空のボーイング747-400型貨物機が墜落し、乗員2名が死亡した。
国内 北海道の帯広空港を離陸し訓練飛行中だった航空大学校帯広分校の小型機(ビーチクラフトA36型機)が芽室町の山中で墜落し、3人が死亡、1人が負傷した。
7月29日(金) 国内 520人が死亡した1985年の日航ジャンボ機墜落事故をめぐり、運輸安全委員会は事故原因の調査報告書を平易に説明し直した「解説書」を公開した。
7月30日(土) 海外 南米ガイアナの首都ジョージタウンの空港で乗客乗員163人が搭乗したトリニダード・トバゴのカリビアン航空737-800型が着陸に失敗し、機体が2つに割れる事故を起こし、負傷者7人、死者は出なかった。
海外 米中西部オハイオ州でライト兄弟が開発した「ライトBフライヤー」(複葉機)の復元機が試験飛行中に墜落し、パイロット2人が死亡した。

2011年6月 一覧へ戻る 2011年8月

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2013/04/05 設置