News Release
 TOP航空宇宙の出来事>2011年8月
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2011年7月 一覧へ戻る 2011年9月
● 航空宇宙の出来事 2011年8月 ●
日付 国内・海外 出来事
8月2日(火) 海外 ロシアのベールイ駐日大使はロシアのソユーズ宇宙船に搭乗した経験を持つ宇宙飛行士の若田光一さん、元TBS記者の秋山豊寛さんに対し、東京のロシア大使館で「宇宙開発の功績をたたえる」メダルを授与した。
8月5日(金) 海外 米航空宇宙局(NASA)は木星の構造や大気の組成を調べる探査機「ジュノー」を、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げた。
8月8日(月) 国内 政府の宇宙開発戦略本部(本部長・菅直人首相)の専門調査会は今後の宇宙開発について、日本版GPS(全地球測位システム)の準天頂衛星の拡充を最重要課題として進めることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。
国内 航空自衛隊千歳基地(北海道千歳市)で東日本大震災後初の航空祭があり、ファンら6万4千人が集まった。
8月9日(火) 海外 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在している宇宙飛行士の古川聡さん(47)が、公募で選ばれた9種類の宇宙医学実験を行い、運動感覚など無重力環境での体の変化を調べた。
8月12日(金) 国内 国土交通省は日本とインドネシアの航空当局が航空自由化(オープンスカイ)協定の対象に成田空港を加えることで合意したと発表した。
8月17日(水) 国内 日航の男性機長と女性副操縦士が飛行中の操縦室内で私的な写真撮影をしたことが分かり、国交省は操縦中の見張り義務を怠ったとして航空法に基づき、機長を乗務停止45日、副操縦士を同20日の処分にした。
海外 ステルス機能を持つロシアの最新鋭戦闘機T50の試作機がモスクワ郊外で開かれた国際航空見本市で、プーチン首相が見守る中、初の公開飛行を行った。
海外 米航空機大手ボーイングは787-8型機の試験飛行が完了したと発表した。
8月18日(木) 海外 カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からロケットで打ち上げられた新型放送衛星「エクスプレスAM4」は交信できなくなり打ち上げ失敗となった。
8月20日(土) 国内 アクロバットチーム「ブルーインパルス」が地元の祭り「ありがとう『東松島元気フェスタ』」で、震災以降、同県内では初めてとなるデモ飛行を実施。
海外 米中西部ミズーリ州カンザスシティーの空港で、地元航空ショーで曲芸飛行中の小型飛行機が墜落、操縦士が死亡した。
海外 乗客乗員15人が乗ったカナダの航空会社ファーストエアのボーイング737旅客機が北極地方で、墜落、12人が死亡し3人がけがをした。
8月21日(日) 海外 米中西部ミシガン州で開催されていた航空ショーで、男性が小型飛行機の上を飛行していたヘリコプターに乗り移るパフォーマンス中に落下、約60メートル下の地面で全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。
8月24日(水) 国内 宇宙航空研究開発機構は銀河の中心にあるブラックホールの誕生過程の解明を目指してきた電波天文衛星「アストロG」の開発を中止する方針を決め、文部科学省宇宙開発委員会に報告した。
海外 ロシアの無人宇宙船を搭載したロケットが打ち上げに失敗、国際宇宙ステーション(ISS)に運搬予定の3トンの物資とともに墜落した。
8月26日(金) 海外 ボーイングは787型機の商業運航開始に向け、安全性などの基準達成を示す型式証明を米連邦航空局(FAA)、欧州航空安全局(EASA)から取得したと発表した。
8月29日(月) 海外 ロシア宇宙庁は国際宇宙ステーション(ISS)への有人宇宙船ソユーズの打ち上げについて、少なくとも1カ月延期すると発表した。
海外 中国民用航空局華東地区管理局は「燃料切れ寸前のカタール航空機に航路を譲れ」との管制の指示を無視したとして、吉祥航空(本社・上海市)の機長ら操縦士に、中国国内での民間機操縦免許の取り消しなどの処分を決めた。
8月30日(火) 国内 神戸空港の滑走路で、本田航空(埼玉県)の小型航空機ビーチ58のタイヤが着陸時にパンクして立ち往生した。同空港は事故から約3時間後、小型機を撤去して滑走路を再開した。
海外 ボーイングは、検討を進めてきた次世代737後継機として、737MAXをローンチすることを発表した。
8月31日(水) 国内 全日本空輸はマレーシアのエアアジアと共同で運営する格安航空会社(LCC)の「エアアジア・ジャパン」を設立した。
国内 茨城県石岡市高浜の農業用水路にウルトラライトプレーン(超軽量飛行機)が墜落し大破した。操縦していた男性は、足の打撲や顔のかすり傷などの軽傷。

2011年7月 一覧へ戻る 2011年9月

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2013/04/05 設置