News Release
 TOP航空宇宙の出来事>2011年11月
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2011年10月 一覧へ戻る 2011年12月
● 航空宇宙の出来事 2011年11月 ●
日付 国内・海外 出来事
11月1日(火) 海外 中国は、無人宇宙船「神舟8号」を同国北西部の酒泉衛星発射センターから長征2号F遥8ロケットで打ち上げ、予定された軌道に乗せるのに成功した。
国内 羽田空港の国内線ターミナルを保有、管理する日本空港ビルデング(東京都大田区)はスカイマーク(同)に対し、旅客が負担する施設利用料の代行徴収・納入義務の存在確認と、未納となっている利用料約1億1510万円などの支払いを求め、東京地裁に提訴した。
海外 ワルシャワ空港で1日、米ニューアーク発のポーランド航空のボーイング767が油圧システム故障により、胴体着陸した。乗員乗客231人にけがはなかった。
海外 シンガポール航空(SIA)は全額出資の格安航空会社(LCC)「スクート」を設立したと発表した。
11月2日(水) 国内 全日空が世界で初めて導入したボーイング787が、国内定期便(羽田〜岡山)に初就航した。
11月3日(木) 海外 中国は小型宇宙実験室「天宮1号」と無人宇宙船「神舟8号」の自動制御によるドッキング実験に成功した。
11月4日(金) 海外 火星への有人飛行を想定し、前年6月からモスクワで行われていた隔離実験「火星500」が終了し、参加していたロシアや欧州、中国の医師や宇宙関連の専門家の男性6人が、520日間の隔離状態から解放された。
11月8日(火) 国内 ボーイング747-8Fが成田空港に初めて飛来した。
11月9日(水) 国内 日本航空はタイ中心部で洪水被害が拡大していることを受け、バンコク行きの定期便で、支援物資の無償輸送をすると発表した。
海外 ロシア宇宙庁は火星の衛星「フォボス」の表面物質を採取するためにカザフスタン・バイコヌール宇宙基地から火星探査機「フォボス・グルント」を打ち上げたが、予定の軌道に乗せられなかった。
11月10日(木) 海外 台湾の外交部(外務省)は日台航空協定の改定を発表した。成田、羽田発着便を除いて制限を設けず、航空会社が路線や便数を自由に決められる、オープンスカイ(航空自由化)協定としている。
11月14日(月) 海外 国際宇宙ステーション(ISS)に向かうロシアの宇宙船ソユーズ「TMA-22」が打ち上げられ、予定の軌道に入った。
宇宙 中国は地球の周回軌道上で3日にドッキングし飛行している無人実験機「天宮1号」と無人宇宙船「神舟8号」をいったん分離し、再びドッキングさせることに成功した。
11月15日(火) 国内 北海道で研究運航されている小型ジェット機による救急搬送の名称が「ドクタージェット」から「メディカルウイング」に変更された。
国内 北海道で運用が検討されている救急搬送用の小型ジェット機「メディカルウイング」の2011年度の研究運航がスタートした。
11月16日(水) 宇宙 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の古川聡さんら宇宙飛行士3人の交代要員を運ぶロシアの宇宙船ソユーズが、ISSにドッキングした。
11月18日(金) 国内 三菱重工業は、ボーイング787向け複合材主翼を成形するオートクレーブ(複合材硬化炉)の2号炉を名古屋航空宇宙システム製作所の複合材工場(名古屋市港区)に導入すると発表した。
11月19日(土) 国内 大震災後、国際線の運航が止まっていた福島空港に台湾からのチャーター機が到着した。
11月21日(月) 国内 前年12月に金星周回軌道への投入に失敗した探査機「あかつき」について、宇宙航空研究開発機構は2015年以降の周回軌道投入に向けた軌道修正噴射を予定通り終えたと発表した。
11月22日(火) 海外 国際宇宙ステーション(ISS)に約5カ月半滞在した古川聡さんら日米露の宇宙飛行士3人を乗せたロシアのソユーズ宇宙船「TMA-02M」が、カザフスタン中部の雪原に帰還した。
海外 国際宇宙ステーションでの長期滞在を終えて地球に帰還した古川聡さん(47)は着陸地のカザフスタンから専用機で出発し、米航空宇宙局(NASA)の本拠地がある米ヒューストンに到着した。
11月24日(木) 国内 福島空港のターミナルビルを管理・運営する第3セクター「福島空港ビル」(社長・佐藤雄平知事)は東京電力福島第一原発事故などの影響で、2011年度上半期(4月〜9月)の売上高が前年同期比5800万円減となり、8月末までの減収分として4800万円を東電に賠償請求したことを明らかにした。
11月26日(土) 海外 米航空宇宙局(NASA)は、火星無人探査車「キュリオシティ」をアトラス5ロケットでフロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。
11月28日(月) 国内 大阪・関西空港で、上海行きの中国東方航空516便(エアバスA330-200型機、乗員乗客245人)が、管制官の許可を得ないまま離陸するトラブルがあった。

2011年10月 一覧へ戻る 2011年12月

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2013/04/05 設置