News Release
 TOP航空宇宙の出来事>2011年12月
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2011年11月 一覧へ戻る 2012年1月
● 航空宇宙の出来事 2011年12月 ●
日付 国内・海外 出来事
12月1日(木) 国内 国土交通省航空局は、日本とロシアの航空協議で両国がシベリア上空通過便の大幅な規制緩和などに合意したと発表した。
海外 欧州連合(EU)は世界貿易機関(WTO)が違反と判断した大手航空機メーカーのエアバスに対する一部の公的資金支援について、制度是正を盛り込んだ報告書をWTOと訴えた米国に提出した。
12月5日(月) 国内 関西国際空港と大阪(伊丹)空港を一体運営する新関空会社の発足に向けた設立委員会の初会合が都内で開かれた。
国内 三菱重工はボーイング777型機の1000号機用後部胴体を名古屋航空宇宙システム製作所広島工場より、尾部胴体を名古屋航空宇宙製作所飛島工場より、それぞれボーイング社に向けて出荷した。
国内 竹田設計工業が、12月5日〜11日の1週間にわたり、中部国際空港セントレアにおいて「ツアーガイドロボット」の実証実験を実施した。
12月6日(火) 国内 政府・与党は2012年度予算編成に関する会議を開き、成長戦略などに重点配分する特別枠「日本再生重点化措置」に対し、各省が要望した宇宙と海洋関連事業に関する評価結果を発表した。宇宙関連では、「はやぶさ2」よりも、地球観測衛星「だいち」の後継機開発を優先すべきだとした。
海外 ボーイング787 型機がシアトルのボーイングフィールドからバングラデシュのダッカまで米大陸、大西洋を横断して19,835 qを飛行、機体重量44 万〜55 万ポンドの航空機としての最長飛行記録を達成。給油で約2時間ダッカに駐機した後、18,027 kmを飛行して12月8日にシアトルに戻り、42時間27分という世界早周り記録(東回り)を樹立した(これまで同クラスの記録無し)。
12月9日(金) 国内 航空自衛隊の百里基地(茨城県)所属のF-15戦闘機から、右垂直尾翼の先端にあるアルミ製部品が飛行訓練中に落下した。
12月10日(土) 海外 マニラ首都圏パラニャーケ市で、小型機が墜落、搭乗者3人を含む13人の死亡した。
12月12日(月) 国内 政府の情報収集衛星「レーダー3号機」を搭載したH2Aロケット20号機が、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。
12月13日(火) 海外 ボーイング社は格安航空大手サウスウエストからの737型機208機の受注が確定したと発表した。
12月17日(土) 海外 国立極地研究所と九州大学(九大)が共同で開発した自動操縦の無人飛行機「Ant-Plane3-5号機」と「同6-3号機」は、韓国極地研究所などの協力のもと、南極半島の北に位置するサウスシェトランド諸島、リビングストン島にあるブルガリアの南極基地(セントクリメント オーリドスキー基地: St. Kliment Ohridski Base)の氷河から離陸し、地磁気観測と画像撮影に成功した。
12月19日(月) 国内 那覇市の那覇空港で、航空自衛隊那覇基地所属のF-15戦闘機が離陸時に滑走路を外れる事故があった。空港は約1時間半にわたって閉鎖され、民間の到着機の一部は米軍嘉手納基地に着陸。発着する約45便が欠航したり引き返したりした。
12月20日(火) 国内 政府は安全保障会議(議長・野田首相)で、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)として、米英豪など9か国が共同開発中のF-35を選定した。
国内 航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)に決まったF-35について、防衛省は国内での製造・修理に参画する企業として、三菱重工業(機体)、IHI(エンジン)、三菱電機(電子機器)の3社を選定した。
12月21日(水) 国内 新規航空会社のスターフライヤー(北九州市)が東京証券取引所第2部に上場した。
海外 宇宙飛行士の古川聡さん帰還後の国際宇宙ステーション(ISS)に人員を補充するため、ロシアの宇宙船ソユーズ「TMA-03M」が、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。
国内 南さつま市加世田高橋の万世特攻平和祈念館に展示されている零式水上偵察機が、財団法人・日本航空協会から「重要航空遺産」に認定され、機体を所有する同市に認定証が贈られた。
海外 欧州連合(EU)の最高裁判所に当たる欧州司法裁判所(ECJ)はEUが1月1日からの導入を予定する、域内の空港を発着する全ての航空会社に炭素排出量取引制度に基づく支払いを課す措置について、法的に問題ないとの判断を示した。
12月23日(金) 海外 ロシアの通信衛星「メリディアン(子午線)」が、北部プレセツク宇宙基地からロケットで打ち上げられたが、地球周回軌道投入に失敗した。
海外 エンブラエルは、新型のエグゼクティブジェットである中型のレガシー500を、サン・ホセ・ドス・カンポスにおいてロールアウトした。
12月24日(土) 宇宙 米露欧の宇宙飛行士3人を乗せた露宇宙船ソユーズが、国際宇宙ステーション(ISS)に到着した。
12月27日(火) 海外 政府は首相官邸で安全保障会議を開き、武器と関連技術の輸出を原則として禁じている武器輸出三原則の緩和を決めた。
12月28日(水) 海外 中央アジア・キルギス南部の主要都市オシの空港で28日、乗客82人が乗ったキルギス航空の旅客機(ツポレフ134型)が着陸に失敗、転覆して炎上した。6人が負傷したが、死者はなかった。

2011年11月 一覧へ戻る 2012年1月

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2013/04/05 設置