News Release
 TOP航空宇宙の出来事>2012年2月
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2012年1月 一覧へ戻る 2012年3月
● 航空宇宙の出来事 2012年2月 ●
日付 国内・海外 出来事
2月2日(木) 国内 格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパンは国土交通省から航空運送事業を許可されたと発表した。
2月5日(日) 国内 エアーニッポン(ANK)が運航する大阪(伊丹)発仙台行きの全日空731便(エアバスA320―200、乗員乗客166人)が、仙台空港で着陸をやり直すために機首を上げたところ、尾部を滑走路にぶつけた。同機はそのまま上昇し、同26分に着陸した。乗員乗客にけがはなかった。
2月6日(月) 国内 成田空港の1978年の開港以来の旅客数が8億人を超え、空港内で記念式典が行われた。
国内 海洋研究開発機構(JAMSTEC)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、海洋・宇宙連携を進め、包括的な連携協力を効果的に実施することを目的として連携協力協定を締結した。
2月8日(水) 海外 豪カンタス航空は乱気流に巻き込まれたエアバスA380で、翼に複数の亀裂が見つかったと明らかにした。
国内 神奈川県大和市上草柳の県道などに、米海軍厚木基地所属の航空機EAー6Bプラウラーの部品が落下した。
海外 欧州航空機大手エアバスが製造した超大型機A380の翼部分の部品に亀裂が見つかった問題で、欧州航空安全局(EASA)は世界各地で運航している67機のA380全てを検査するよう航空会社などに指示した。
2月13日(月) 国内 宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)と愛知県は、「愛知県及び宇宙航空研究開発機構の航空分野に係る連携協力協定」を締結した。
海外 欧州宇宙機関(ESA)は新型の小型ロケット「ベガロケット」初号機を、南米の仏領ギアナにある宇宙基地から打ち上げた。
2月14日(火) 海外 ボーイング社はシンガポール航空ショーで、インドネシアの格安航空大手ライオン航空からの737型230機の受注が確定したと発表した。
2月15日(水) 海外 ポーランドのワルシャワからチェコのプラハに向かっていたチェコ航空の旅客機で機長の体調が急変し、副操縦士が操縦を代わり、着陸後、救急隊を呼んだが、機長は死亡した。乗客46人にけがはなかった。
海外 国際宇宙ステーション(ISS)で前年2月にスペースシャトルでISSに届けられたヒト型ロボット「ロボノート2」の動作確認が行われ、滞在中の宇宙飛行士がロボットと初めて握手した。
2月17日(金) 海外 オーストラリアの格安航空会社(LCC)エア・オーストラリアが、資金繰りに行き詰まったことから任意管理に入り、全便の運航を停止した。
2月20日(月) 国内 日本航空(JAL)は、787-8の長胴型となる787-9、20機をボーイングに発注し、2015年度以降に国際線の中長距離路線を中心に導入する予定と発表した。
海外 国連平和維持活動(PKO)のため南スーダンに展開する陸上自衛隊第1次隊の主力本隊約120人が、航空自衛隊C-130輸送機2機で同国のジュバ空港に到着した。
2月22日(水) 海外 米海兵隊の2機のヘリコプター、AH-1コブラとUH-1がアリゾナ州付近の上空で空中衝突し、搭乗していた兵士7人が死亡した。
2月24日(金) 国内 埼玉県秩父市で2010年7月、県の防災ヘリコプターが墜落し、機長ら5人が死亡した事故で、運輸安全委員会は機長らによる見張りが不十分だったために尾翼と主翼が木にぶつかって墜落したとする調査結果を公表した。
国内 国土交通省は東京電力福島第一原発の半径20キロで設定している現在の飛行禁止区域について、25日午前0時から、半径3キロに縮小するとの航空情報を発令した。

2012年1月 一覧へ戻る 2012年3月

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2013/04/05 設置