News Release
 TOP航空宇宙の出来事>2012年9月
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2012年8月 一覧へ戻る 2012年10月
● 航空宇宙の出来事 2012年9月 ●
日付 国内・海外 出来事
9月4日(火) 国内 ゲリラ豪雨や竜巻などの構造や降雨の様子を、3次元的に10秒間隔で観測する「フェーズドアレイ気象レーダ」を情報通信研究機構と大阪大学、東芝が共同開発し、同大学・吹田キャンパス電気系建屋の屋上で試験観測を始めた。フェーズドアレイ・レーダは艦船用、航空機用、警戒管制用としての実用化が先行しており、気象用として開発されたのは日本では初めて。
9月5日(水) 国内 十和田湖に沈んでいた旧日本陸軍の一式双発高等練習機が引き揚げられた。
9月10日(月) 国内 航空機内で女性客室乗務員のスカートの中を盗撮したとして、警視庁東京空港署が男性容疑者を兵庫県迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕した。兵庫県上空だったとして同県の条例を適用した。飛行中の機内での盗撮行為が摘発されるのは全国初。
9月12日(水) 海外 ロシアのPetropavlovsk-Kamchatsky Air Enterprise の小型旅客機アントノフAn-28(乗員乗客14人)がカムチャツカ北部パラナ付近で墜落し、パイロット2人と乗客8人の計10人が死亡し、4人が重傷を負った。
国内 成田国際空港は第2旅客ターミナルビル南側において、格安航空会社(LCC)向け国内線施設を供用開始した。
9月19日(水) 国内 日本航空が、東京証券取引所第1部に再上場した。
海外 イタリア警察は、偽の制服や身分証を使いパイロットに変装して伊エア・ドロミティ社の旅客機操縦席に乗り込み飛行したとして北部トリノ在住の無職の男を航空安全危険罪などの疑いで逮捕した。
9月28日(金) 海外 ネパール国シータ航空(Sita Air)のドルニエ228型旅客機が首都カトマンズのトリブバン国際空港を離陸直後に墜落し、乗員乗客19人(中国人5人と英国人7人、ネパール人7人)全員が死亡した。
9月30日(日) 国内 エアアジア・ジャパンが、エンジン始動機の関係部品を交換する際、保有する2機の該当箇所すべてに誤って古い規格の部品を取り付けていたことが分かり、同社は運航する予定だった12便中8便を欠航させた。

2012年8月 一覧へ戻る 2012年10月

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2014/03/31 設置