News Release
 TOP航空宇宙の出来事>2013年1月
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2012年12月 一覧へ戻る 2013年2月
● 航空宇宙の出来事 2013年1月 ●
日付 国内・海外 出来事
1月7日(月) 海外 米マサチューセッツ州ボストンのローガン国際空港で7日午前、成田から到着した日本航空(JAL)のボーイング787でAPU用バッテリーが原因の火災があった。乗客乗員は全員が降りた後でけが人はなかった。消防士1人が消火活動中にけがをした
1月11日(金) 国内 全日本空輸の羽田発、松山行き(NH585便)のボーイング787に操縦席前方左側の窓ガラスにひびが入るトラブルが発生した。乗客乗員246人にけがは無かったが、松山空港から折り返す予定だった機体が調達できなかったことからNH590便は欠航となった。原因は不明
1月12日(土) 海外 米航空宇宙局(NASA)は、小惑星アポフィスが2036年に地球に衝突する可能性を排除する声明を発表した
1月16日(水) 国内 山口宇部空港を離陸したボーイング787・全日空692便で上昇中に、バッテリーの不具合を示す計器表示とともに、操縦室内で異臭がしたため、目的地を高松空港に変更し、着陸した。 着陸後、誘導路上で非常脱出を行った。 乗務員7名、乗客129名の計137名が搭乗しており、そのうち乗客3名が脱出の際に軽傷を負った
1月17日(木) 海外 米連邦航空局(FAA)は、機体に搭載しているバッテリの安全性が証明されるまでボーイング787の運行を停止するよう命じた。同措置は、1月16日に全日本空輸のフライトで、バッテリ-の発煙とみられるトラブルで乗客避難という事態が発生したことを受け、ANAと日本航空(JAL)が同機での運行を停止した直後に取られた
国内 ジャムコは、欧州子会社で、航空機内装部品製造事業のサポートを行っている「ジャムコ・ヨーロッパ」を解散すると発表した
国内 国土交通省は、ボーイング787型機で重大なトラブルが相次いでいるのを受け、航空会社に787型機の使用を禁止する「緊急耐空性改善通報」を発行した
国内 ボーイング787について、国土交通省は、同型機を保有する日本航空と全日空に対し、リチウムイオンバッテリーの安全性が確認できるまで運航停止を指示する「耐空性改善通報」を出した
1月18日(金) 海外 ガルーダ・インドネシア航空のLCC(格安航空会社)のシティリンクは、エアバスA320neoを25機発注した
米連邦航空局(FAA)が運航停止命令を出したのを受け、世界で787型機を運航する航空会社8社は18日までに、787型機の運航を全て取りやめた
1月22日(火) 国内 アルジェリア東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きたイスラム武装勢力による人質事件で政府は、政府専用機(ボーイング747型機)を派遣することを決めた。在外邦人の緊急輸送に政府専用機が使用されるのは初めて
海外 世界的な航空ソフトウエア・プロバイダーであるRamco Systemsはエミレーツ航空(Emirates)と基本供給契約(Master Supply Agreement)を締結した
1月23日(水) 海外 デルタ航空は、スマートフォン向けアプリケーションFly Delta(フライ・デルタ)のiPad版を導入した
海外 ユナイテッド航空は、衛星利用によるWi-Fiサービスを導入した国際線用ワイドボディ機の運航を開始した。長距離国際路線で、乗客が機内インターネットに接続できるようになるのは、米系航空会社として初めて
海外 南極大陸でKenn Borek AirのDHC-6(ツインオッター)が墜落し、搭乗していた3人全員が死亡した
1月26日(土) 国内 成田空港に関する幅広い知識を問う「成田空港力検定」(成田国際空港振興協会主催)が成田空港内で初開催され、10〜77歳の100人が“ナリタの達人”への認定を目指して挑戦した
1月27日(日) 国内 三菱重工業、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は種子島宇宙センターから情報収集衛星レーダ4号機と実証衛星を搭載したH-IIAロケット22号機(H-IIA・F22)を打ち上げた。打ち上げたロケットは正常に飛行し、両衛星の分離を確認、衛星は予定の軌道に投入された
1月28日(月) 海外 イランのメディアは同国の航空宇宙当局者の話として、生きたサルを乗せたロケットの打ち上げに成功したと伝えた
日本航空はロシアの航空会社、S7航空と30日からコードシェア(共同運航便)の展開を始めると発表した
1月29日(火) 海外 中央アジア・カザフスタンの旧首都で最大都市アルマトイ近郊でSCAT航空のボンバルディアCRJ200型旅客機が墜落し、乗員5人と乗客16人の計21人全員が死亡した
海外 1980年6月27日、シチリア島沿岸の上空を飛行中のイタビア航空870便DC─9型機が墜落した事故について、イタリア裁判所はミサイルによって爆発した可能性が最も高いとの判断を下した
海外 エールフランス航空は短、中距離路線に就航するエールリネール、ブリテール、リージョナルの3航空会社を統合する計画だが、3社を統合する社名は「ホップ!(HOP!)」と発表した
国内 日本郵便と日本航空は、保冷配送サービス分野で事業提携すると発表した
1月30日(水) 海外 韓国の国産ロケット「羅老(ナロ=KSLV-1)」がソウルの南300キロにある羅老宇宙センターから発射され、打ち上げに成功した
海外 2012年9月20日にオランダの格安航空会社トランサヴィアの旅客機で、クレタ島付近を飛行中に副操縦士が居眠りしてトイレに出た機長がコックピットから締め出されるトラブルがあったことを、オランダ当局が公表した
1月31日(木) 海外 2010年春にアイスランドの火山噴火で火山灰が拡散し、欧州の主要空港が閉鎖され多数の便が欠航した問題で、欧州連合(EU)司法裁判所はアイルランドの格安航空ライアンエアに対し、足止めされた乗客への補償を命じる判決を言い渡した

2012年12月 一覧へ戻る 2013年2月

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2014/06/30 設置