News Release WEB版航空と文化
 TOP表彰>平成21年度表彰
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001

平成21年度「空の日」
航空関係者表彰 受賞おめでとうございます
 平成21(2009)年度、財団法人日本航空協会の航空関係者表彰式が、9月16日東京都港区新橋の航空会館で行われました。
 今年度、表彰の栄誉を受けられた方々は次のみなさまです。おめでとうございます。

航空亀齢賞
 長年にわたり航空の発展に尽力され、かつ数え年90歳になられた方に長寿を祝福する賞です。

磯部 利彦 (いそべ としひこ)
元全日本空輸(株)査察操縦士
民間航空会社の乗員養成所の責任者兼査察操縦士として多くの運航乗務員の養成に尽力

田中 敏行 (たなか としゆき)
元東邦航空(株)取締役東北支社長  元東京航空(株)取締役運航部長
戦前より飛行教官として多くの操縦資格者を養成し、戦後は一貫して使用事業分野の操縦士としてわが国の国土復興、発展に貢献

航空功績賞
 航空に関する文化、科学技術および事業等の発展に著しく寄与された方やグループに贈る賞です。
五十嵐 修 (いがらし おさむ)
元日本航空(株)専務取締役
航空自由化時代を迎え、小規模路線の運航維持を可能とする効率的な航空会社を新たに設立し、公共交通機関としての使命遂行に貢献

出射 聡明 (いでい さとし)
元富士重工業(株)常務執行役員 航空宇宙事業本部長
航空機の構造設計技術を先行する外国企業に比肩するレベルに導くとともに、旅客機の共同事業の責任者として、その製造技術が国際的に高い評価を得ることに貢献

阪部 寛 (さかべ ひろし)
元全日本空輸(株)代表取締役副社長
運航部門の重責を長きにわたり担い、機種移行訓練や機長昇格訓練のシミュレーター導入に尽力し、乗員の訓練審査体制の効率化に貢献

空の夢賞
 航空・宇宙に対する夢や希望を与え、または明るい話題を提供するなどの貢献をした方、またはグループに贈る賞です。
東大阪宇宙開発協同組合  (理事長 今村 博昭 氏)
東大阪市を拠点とする高い技術力を有する中小企業が結集し、幾多の困難を克服して人工衛星「まいど1号」を開発し、打ち上げに成功した

航空スポーツ賞
 航空スポーツのFAI世界記録を樹立、又は、同世界選手権者となった個人又はグループに贈る賞です。
檀上 彰宏 (だんじょう あきひろ)
平成20年9月 模型航空機F1Mフリーフライト室内模型初心者クラスで滞空時間世界記録を樹立(天井高30m以上) 21分57秒

石井 満 (いしい みつる)
平成20年9月 模型航空機F1Nフリーフライト室内ハンドランチグライダーで滞空時間世界記録を樹立(天井高30m以上) 1分41.2秒

西澤 実 (にしざわ みのる)
平成21年7月の模型航空世界選手権のF1Bフリーフライト ゴム動力機種目で優勝

伊藤 寛規 (いとう ひろき)
平成21年8月の模型航空世界選手権のF3Cラジオコントロールヘリコプター種目で優勝

模型航空世界選手権F1C日本代表チーム
団長 和田 光信 (わだ みつのぶ)
選手 関澤 一雅 (せきざわ かずまさ)
選手 江連 明夫 (えづれ あきお)
選手 増田 哲司 (ますだ てつじ)
平成21年7月の模型航空世界選手権のF1Cフリーフライト エンジン動力機種目で優勝


なお、本年度は、航空文化賞、航空特別賞の該当者はありませんでした。


国際航空連盟(FAI)賞伝達
 国際航空連盟(FAI)は、航空スポーツの発展を目的に1905年に設立された国際組織で、スイスに本部を置き、世界選手権や世界記録の公認および航空スポーツの分野で功績のあった個人、団体の表彰などを行っています。日本航空協会は、日本唯一のFAI正会員として日本選手権の開催や日本記録の公認、世界選手権への日本選手団派遣、航空スポーツ功労者のFAIへの表彰推薦などを行っています。


ポール・ティサンディエ・ディプロマ(Paul Tissandier Diploma)
 FAIの事務局長を長く務めたポール・ティサンディエ氏に因んで制定された賞で、団体組織等で指導的役割を果たし、航空スポーツの発展に顕著な業績のあった個人に贈る賞です。
佐藤 昇 (さとう のぼる)
日本気球連盟の編集局長として連盟の広報活動に尽力するとともに、長きにわたりフィリピン国際熱気球フィエスタの参加を通じて、地元の復興支援に貢献

藤原 洋 (ふじわら ひろし)
航空局の航空機検査官や事故調査官としての経験を活かし、小型航空機の耐空性審査基準をもとに、自作航空機の機体検査チェックリストを作成するとともに、数多くの 機体検査を行い安全運航の向上に貢献

宮本 裕夫 (みやもと やすお)
日本自家用操縦士会事務局長として、自家用操縦士のネットワークを構築し、操縦士への有益な情報を提供するなど、安全運航の向上に貢献

モンゴルフィエ・バルーニング・ディプロマ(The Mongolfier Ballooning Diplomas)
 気球スポーツの発展に多大な功績があった個人あるいは団体に贈る賞です。
大岩 正和 (おおいわ まさかず)
日本気球連盟理事長として、長きにわたり連盟の運営に尽力するとともに、日本における航空スポーツとしての熱気球の礎を築き、普及振興に貢献

エア・スポーツ・メダル(Air Sports Medal)
 航空スポーツに関連したFAI委員会業務、競技会運営、若年層の教育訓練等に顕著な功績や貢献があった個人又は団体に贈る賞です。
稲生 睦夫 (いのう むつお)
熱気球のパイロットとして多くの選手権で活躍するとともに、日本気球連盟理事および安全委員として、連盟の運営と発展に尽力

中塚 総一郎(なかつか そういちろう)
(社)日本滑空協会理事および岡山グライダークラブ会長としてグライダースポーツの振興に尽力するとともに、滑空機耐空検査員として安全性の確保に貢献

金川 茂 (かねがわ しげる)
模型航空機の分野において、日本選手権や世界選手権で数多くの優勝を成し遂げ、2度の滞空時間日本記録を樹立するなど、模型航空の地位向上および普及振興に尽力

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ