News Release 一般財団法人 日本航空協会
 TOP航空遺産継承基金:航空の歴史を後世に残そう
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 

活動記録 航空の歴史を後世に残そう 設立趣意書 規定 賛助員申し込み用紙(Excel版)or(PDF版
2005展示会 2006展示会 写真集 重要航空遺産 ギャラリー 利用の手引き

重要航空遺産
X1G1B高揚力研究機

所 有 者 防衛省技術研究本部
保管展示 かかみがはら航空宇宙科学博物館
認定理由 防衛庁技術研究所は、高揚力装置実験のためにサーブ91サフィール小型練習機をベースに新設計の主翼を装備したX1G1高揚力研究機を製作、1957(昭和32)年から飛行試験を開始し有効性を確認した。さらにその後もフラップ上面に高圧の空気を吹き出して揚力を高めるシステムを採用した主翼などが本機で実験された。1962(昭和37)年に研究機としての役割が終わるとX1G1Bという名称となり、連絡機として使用された。本機での実験により得られた知見と技術は、C−1輸送機、PS−1飛行艇、MU−2ビジネス機に活用されたことから、本機のわが国の航空技術開発への貢献はきわめて大きい。また、研究機だった当時の痕跡も含めて使用時の状態をよく保っており、文化財的価値も高い。これらのことから、X1G1B高揚力研究機は我が国の航空機開発の歴史を伝える極めて貴重な航空遺産であると考えられる。
認 定 日 平成26年3月27日認定
X1G1高揚力研究機についての解説

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2014.3.28から設置