News Release WEB版航空と文化
 TOP>航空神社
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

航空神社
抄史
昭和6(1931)年8月1日 帝国飛行協会理事会で航空神社創設を決議。
明治神宮造営残木を拝受。
11月 初竣工
11月7日 帝国飛行協会飛行館屋上に於いて新総裁梨本宮守正王殿下ご参列のもと靖国神社賀茂宮司斎主となり、盛大な鎮座祭執行。
合祀祭神航空殉職者三百二十五柱、霊爾簿作成。
昭和19年〜27年 神社祭中断。
昭和28年 財団法人日本航空協会発足により航空神社祭復活。
昭和38年 崇敬者総代会発足、航空功労者を合祀することとなる。
昭和38年7月 羽田航空神社創設に伴う祭神分霊祭を挙行。(羽田空港・第1旅客ターミナル1階
昭和49年9月20日 航空神社神霊を靖国神社境内「鎮霊社」に仮奉安のための遷座祭を執行後、仮奉安先の鎮霊社社前で合祀祭および恒例祭挙行。爾後五十七年まで八年間鎮霊社社前で例祭挙行。
合祀祭神航空殉職者、航空功労者を含め、霊爾簿総数六千三百六十七柱
昭和56年9月 靖国神社鎮霊社に於いて航空神社鎮座五十年祭挙行。
昭和57年 昭和五十七年以降航空神社に関する祭事はすべて航空神社奉賛会に移る。
航空神社の祭祀を従来の祭神慰霊の神社から航空平安祈願祭の神社へと転換
昭和58年8月 航空神社奉賛会が主導する募金活動により、航空会館屋上に航空神社新社殿落成。
同年8月25日 竣工祭並びに遷座祭挙行。
昭和59年度より 毎月第一火曜日を月次祭の日(一月の新年祭は航空協会仕事始めの日)と定め、従来の九月二十日を例大祭の日とし、毎回靖国神社神職の出張奉仕により、毎月航空平安祈願祭を行う、新たな航空神社奉斎方式を定める。
平成14年度より 月次祭を、一月の新年祭と九月二十日例大祭の奉仕とする。

祭典
1月4日 新年祭   9月20日 例大祭
(航空協会仕事始めの日) (9月20日は空の日です)
新年祭の写真    例大祭の写真

航空神社御守
航空安全災難除け・旅行安全・交通安全
受験生にも評判です
御守は航空会館9階エレベーターホールに下記3種類がございます
500円  約 4cm×8cm

カード守  500円  約 8.5cm×5.5cm

紙符守  500円  約 3cm×5.5cm
   

場所
東京都港区新橋1丁目18番1号   航空会館9階 (屋上)  (9階(屋上)の案内図はこちら
原則として、平日(月〜土曜日)の9:00〜17:00までにお越しください。
平日以外の日曜・祝日・年末年始(2016.12.30午後〜2017.1.3)は、貸し会議室の営業がなければ、建物自体が原則開いておりませんので、参拝できない可能性があります。これらの日に、ご希望の方はお電話等でお問合せいただいてからお越し下さい。
  お願い
   屋上と9階は禁煙です。
   9階の貸し会議室で会議中の時は、お静かに参拝願います。

お問い合わせ
  電話 03-3502-1201 (総務室)
FAX 03-3503-1375
地図 こちらGoogleの地図(Map)はこちら)
9階(屋上)の案内図はこちら

関連リンク
羽田航空神社
羽田空港(ビックバード)の第1旅客ターミナル1階にあります。
1963(昭和38)年7月11日に当協会の航空神社から分霊いたしました。

気象神社Web  http://www.kisyoujinjya.jp/
お天気の神様として日本唯一の存在である気象神社は、晴・曇・雨・風・雷・霜・雪・霧などを祈願する神として、知恵の神である「八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)」が祀られています。元々は陸軍気象部内に造営されたものを氷川神社に遷座したものです。

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ