News Release WEB版航空と文化
 TOP>『航空と宇宙』講演会
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

航空図書館 出版 航空と文化 講演会 セミナー 青少年絵画 宇宙輸送研究会
過去の講演会

航空と宇宙定例講演会
 1979(昭和54)年から無料で一般公開している定例講演会です。内容は初心者の方にも興味をもてるものを選んでおり、航空と宇宙に関心のある方はどなたでも参加できます。みなさんお誘いあわせの上お気軽にお越しください。
 
日本航空協会 第286回 『航空と宇宙』 定例講演会
アポロ50年に思う 
~宇宙時代 第一期の終焉と新たな胎動~
スプートニクが軌道に乗った1957年に始まった宇宙時代は、1969年7月のアポロ11号の月面着陸でクライマックスを迎えたとされる。その第一期の宇宙時代は、国際宇宙ステーションで近く終焉を迎える。この半世紀に宇宙と人間の関係は大きく変化し、宇宙活動の成果が、人間の生活を貫く「普遍化」の様相を呈している。そして1950年代に始まった日本の宇宙への挑戦も、世界で大切な位置を占めるまでになった。最近の注目すべき話題としては「はやぶさ2」が挙げられよう。今回は、アポロ11号と「はやぶさ」計画を主題としながら、第一期の宇宙時代を回顧し、新たな動きが芽生えつつある近未来の宇宙活動と日本の役割について、みなさんと一緒に考えてみたい。
演題&
講師
「アポロ50年に思う ~宇宙時代 第一期の終焉と新たな胎動~」
JAXA名誉教授
はまぎんこども宇宙科学館館長
的川 泰宣 氏
日時
2019年 11月14日 (木)
開場;18:00  開演;18:30~20:00
入場料  無料
定員   180 名
申込方法 ① 講演会名 ②氏名(ふりがな) ③所属 ④メールアドレスを記してメール(bunka@aero.or.jp)またはFAX(03-3503-1375)でお申し込みください。
会場 港区新橋1-18-1 航空会館 7階
地図
協賛 日本航空宇宙学会
お問合せ 〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1 航空会館6階
    一般財団法人 日本航空協会 文化情報室
    電話 03-3502-1206  FAX 03-3503-1375
    e-mailはこちら
 

過去の講演会はこちら

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ