News Release WEB版航空と文化
 TOP>『航空と宇宙』講演会
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

航空図書館 出版 航空と文化 講演会 セミナー 青少年絵画 宇宙輸送研究会
過去の講演会

航空と宇宙定例講演会
 1979(昭和54)年から無料で一般公開している定例講演会です。内容は初心者の方にも興味をもてるものを選んでおり、航空と宇宙に関心のある方はどなたでも参加できます。みなさんお誘いあわせの上お気軽にお越しください。
 
日本航空協会 第285回 『航空と宇宙』 定例講演会
令和元年度「空の日・宇宙の日」記念特別講演会
 講演1では、飛行機開発における試験飛行について、テストパイロットの視点からお話しします。グライダーから、ヘリコプター、輸送機、戦闘機まで、20機種を超える飛行機の操縦経験を持ち、F-2(当時はFSX) の初飛行をはじめ数々の試験飛行を担当した経験から、試験飛行の様子とともに、そこから得られた気づき、学びなどについても紹介します。
 講演2では、「下町ロケット」などで注目が集まっている準天頂衛星についてお話しします。本衛星は、静止衛星と組合せて日本周辺領域に高精度の測位サービスを提供する「日本版GPS」です。昨年より4基での測位サービスを開始しており、7基体制に向けた開発を行っています。この日本版GPSの考案に到った経緯と初期の設計思想、GPSを上回る高精度測位を実現する技術と、ドローンや自動運転への利用を実現するための研究課題などについて紹介します。
演題&
講師
令和元年度「空の日・宇宙の日」記念特別講演会
【講演1】 「飛行機開発におけるテストパイロットの視点」 
元 航空自衛隊テストパイロット、元 三菱重工業㈱テストパイロット、
元 三菱重工業㈱名古屋航空宇宙システム製作所小牧南工場長    
渡邉 吉之 氏
【講演2】「日本版GPS~準天頂衛星と静止衛星による測位システムの考案と高精度測位技術」
日本航空宇宙学会 理事
宇宙航空研究開発機構 第一宇宙技術部門 主幹研究開発員    
河野  功 氏
日時
2019年 9月10日 (火)
開場;18:00  開演;18:20~20:00
入場料  無料
定員   200 名
申込方法 ① 講演会名 ②氏名(ふりがな) ③所属 ④メールアドレスを記してメール(bunka@aero.or.jp)またはFAX(03-3503-1375)でお申し込みください。
会場 港区新橋1-18-1 航空会館 7階
地図
共催 日本航空宇宙学会、日本航空技術協会、日本航空協会
お問合せ 〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1 航空会館6階
    一般財団法人 日本航空協会 文化情報室
    電話 03-3502-1206  FAX 03-3503-1375
    e-mailはこちら
 
日本航空協会 第284回 『航空と宇宙』 定例講演会
「ANAのA380 と JALのA350、
新機種導入に秘められた戦略を探る!」

7月29日 (月)も応募を締め切りました。
多数のご応募有り難うございました。。

時をほぼ同じくして、ANAはA380、JALはA350を導入する。そこには、単に新しい機材を導入する以上に込められた思いや戦略がある。今回、戦略を企画した当事者から生の思いを語っていただく。

 ANA:
・ANAはどうハワイでのプレゼンスを上げるのか?
・なぜ今、A380? そして、なぜハワイ線専用?
・通常のリゾート機材と真逆の戦略とは?
・カウチシート、Flying Honu特別塗装、亀の安全ビデオ等、ワクワク感あるアイデア誕生秘話
 JAL:
・なぜA350?オプション含め56機! 購入の経緯は?
・A350のメリットを生かした路線展開
・A350に採用された最新技術
・今後公開される機内の特徴とは?
・レッド、シルバー、グリーン」特別塗装への思い!
演題&
講師
「ANAのA380 と JALのA350、
  新機種導入に秘められた戦略を探る!」
【講演1】 全日本空輸株式会社 CEマネジメント室 
  商品企画部 プロダクト企画チーム マネジャ
 牧 克亘 氏
【講演2】 日本航空株式会社 経営企画本部 経営戦略部
  機材グループ長 /A350導入準備室長
木村 卓爾 氏
1回目
日時

(お申し込み多数につき、応募を締め切りました)
2019年 7月19日 (金)
開場;18:00  開演;18:30~20:00

2回目
追加講演
日時
(お申し込み多数につき、応募を締め切りました) 
2019年 7月29日 (月)
開場;18:00  開演;18:30~20:00

定員:170名
入場料 無料
申込方法 講演会名【ANAのA380 と JALのA350、新機種導入に秘められた戦略を探る!】、ご参加希望日(確認のため)、氏名(フリガナ)、所属を記してメール(bunka@aero.or.jp)またはFAX(03-3503-1375)でお申し込みください。
1回目(7月19日)、2回目(7月29日)とも締め切らせていただきました。
会場 港区新橋1-18-1 航空会館 7階(7月19日)、5階(7月29日)
地図
主催 (一財)日本航空協会
お問合せ 〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1 航空会館6階
    一般財団法人 日本航空協会 文化情報室
    電話 03-3502-1206  FAX 03-3503-1375
    e-mailはこちら

過去の講演会はこちら

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ