News Release 財団法人日本航空協会
 TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室>2006年1月(第7回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

第7回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2006年1月14日(土)
場所 東京都大田区立 矢口小学校
主催 (財)日本航空協会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 矢口小学校3年生〜6年生 91名。父兄を入れた参加数106名(学校15名)
(気球60名、模型10名、パラグライダー21名)
講師 (東京):気球 伊奈孝氏+4名、パラ 長谷川光雄氏+8名、模型 野中繁吉氏+1名

 曇天無風。
 前日の天気予報では雨。雨が降り出さない内にと、開校式もそこそこに熱気球を上げ、体験搭乗を実施しました。無風のため効率よく運行できたため、結果として生徒のみならず、大勢の先生方にも体験していただけました。
 アンケートでは、「模型製作で知らない子とも仲良くできた」、「気球で暮らしたい」、「家族も乗せてあげたかった」等々。
 パラグライダーも座学は午後にまわし実技を先に実施しました。無風のため、人力のみが頼りとあって、パラを引っ張る指導員の方々は大変苦労していました。アンケートでは「パラが何故飛ぶかわかった」「飛べてうれしかった」等。
 模型は、野中先生のデモ飛行に歓声が上がりました。また41秒も飛んだ生徒が2名いました。
 参加申し込み生徒91名中、欠席者は1名もなく、当日のお手伝い15名は全員当該校の先生であったため、生徒の態度も非常に良く、また先生方にも航空スポーツの楽しさを伝えられました。
 航空スポーツ教室終了と同時に激しい雨が降り出し、まさに間一髪でした。
   
 航空スポーツ教室一覧へ戻る

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ