News Release 財団法人日本航空協会
 TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室>2007年11月(第10回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

第10回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2007年11月17日(土)
場所 石川県・能登空港多目的広場および日本航空学園
主催 (財)日本航空協会
共催 こども模型飛行機教室全国推進委員会
能登空港賑わい創出実行委員会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 30名(輪島市、珠洲市、穴水町、能登町の小中学生)
<学年別>中1:2名、6年生:12名、5年生:10名、4年生:6名
<男女別>男:20名  女10名
指導員 <熱気球>とやま気球連絡会(宮林敏雄氏 他)        合計 8名
<パラグライダー> 石川フライヤー連盟(江端邦昭氏 他) 合計10名
<模型>日本模型航空連盟(山科達雄氏 他)         合計 4名

今回より、実施内容を一部変更し、半日コースとした。熱気球体験搭乗は全員対象とし、その後、パラグライダーと模型飛行機に別れて各々実施。

能登空港は風が強いため、特に気球の体験搭乗が予定通り実施できるか心配されたが、素晴らしい天候に恵まれ、各種目とも予定通り実施できた。

ロープで係留された熱気球は20メートル上空まで上がり、初めての体験を全員が楽しんだ。

パラグライダーは、4機使用して浮上体験を行った。上手く風をとらえると、高く浮き上がることができ、広いグランドを走り回って、全員がなんどもチャレンジ。

模型航空機は、約50分かけて自分で製作した飛行機を航空学園の体育館で飛ばした。
自分で作った飛行機が実際に飛ぶのが、とてもうれしかったようである。

当日は、「能登空港賑わい創出実行委員会」が、能登空港の活性化、能登半島地震(2007年3月25日発生)からの復興を目的に、地元の人達向けにも、熱気球の体験搭乗を実施し、
沢山の地元の方も初めての体験を楽しまれていた。




 航空スポーツ教室一覧へ戻る

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ