News Release 財団法人日本航空協会
 TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室>2007年12月(第11回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

第11回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2007年12月1日(土)
場所 愛媛県松山市・野外活動センター
主催 (財)日本航空協会
共催 こども模型飛行機教室全国推進委員会
松山市教育委員会
松山市小中学校PTA連合会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 参加者 67名(松山市内の小学生)
<学年別> 6年生:17名、5年生:20名、4年生:30名
<男女別> 男:49名  女18名
指導員 <熱気球>備前バルーンクラブ(江川活敏氏 他)            合計5名
<パラグライダー>愛媛県ハンググライディング連盟(門田要氏 他) 合計9名
<模型>日本模型航空連盟(吉岡嗣貴氏 他)              合計5名

開始直後、雨が降り出し、時折風が吹いて熱気球が少し揺れる場面もあったが、予定通り実施できた。熱気球の大きさにびっくりしたり、浮上するために気球内部を温めるバーナーの大きな音に驚いたりしながら、上空高く上がり、初めての気球体験を楽しんでいた。
パラグライダーは指導員の方が風を上手くよんで指導して下さった為、殆どの児童がかなりの高さまで浮き上がることができ、喜んでいた。
模型飛行機教室では、自分達で作った模型飛行機を実際に飛ばすことができ、非常に楽しい体験となったようである。また、指導員の吉岡氏(日本初のラジコン世界チャンピオン)によるラジコンのデモ飛行もあり、カラスと競争して飛ぶ飛行機に子供たちは歓声をあげていた。
父兄の皆様も積極的に参加して一緒に楽しんで下さり、大いに盛り上がった半日であった。





   
 航空スポーツ教室一覧へ戻る

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ