News Release 財団法人日本航空協会
 TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室>2008年10月(第13回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

第13回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2008年10月18日(土) 午前7時30分〜12時
場所 東京都東大和市立第五小学校
主催 (財)日本航空協会
共催 こども模型飛行機教室全国推進委員会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 参加者 49名
<学年別> 6年生:18名、5年生:13名、4年生:18名
<男女別> 男:25名  女:24名
種目 熱気球、 パラグライダー、 模型飛行機
指導員 <熱気球>日本気球連盟 (伊奈孝氏 他)             合計5名
<パラグライダー>東京都ハング・パラグライディング連盟
            (内田孝也氏、鏑木宣夫氏 他)         合計9名
<模型飛行機>日本模型航空連盟 (田邊義和氏 他)      合計4名
全員、熱気球に搭乗した後、パラグライダー(30名)と模型飛行機(19名)に分かれて体験。
晴天に恵まれたが、やや風が強かった為、熱気球は風の様子をみながらの運航となったが、無事、全員が搭乗でき、通常見ることができない上空からの校舎や校庭の景色を楽しんだ。
気球にはやや強すぎる風もパラグライダーには最適で、殆どの児童が2回、3回とかなりの高さまで浮き上がることができ、パラグライダーの楽しさを大いに味わった。
模型飛行機では、今回からデザインを公募した新機体を使用。教室で、各自、機体を製作後、校庭で自由飛行を行った。これまでに比べると、よく飛ぶ機体で、風が強い中、最高タイムは14秒とかなり長時間を記録した。その後、体育館で指導員により、羽ばたき機や竹コプター等の珍しい模型飛行機のデモフライトが実施され、参加者全員、大変喜んでいた。

   
航空スポーツ教室一覧へ戻る 

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ