News Release 財団法人日本航空協会
 TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室>2009年5月(第16回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

第16回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2009年5月16日(土)午前7時30分〜12時
場所 兵庫県神戸市立魚崎小学校
主催 (財)日本航空協会
共催 こども模型飛行機教室全国推進委員会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 参加者 89名
<学年別>6年生:11名 5年生:32名 4年生:46名
<男女別> 男:55名 女:34名
種目 パラグライダー、模型飛行機 (※熱気球は強風のため中止)
指導員 <熱気球>      日本気球連盟、立命館大学飛行研究会ダンデライオン  計5名
<パラグライダー> 兵庫県フライヤー連盟   計21名
<模型飛行機>   日本模型航空連盟     計5名
強風の為、熱気球の体験搭乗は中止。何度か熱気球の立ち上げを試みたものの、風にあおられ、半分程度膨らんだところで断念。気球の大きさは実感できたと思われる。子供達には、実際にバスケットに乗りこんで、バーナー燃焼を見てもらい、初めての体験に大変興味深そうであったが、実際に搭乗できず、かなり残念な様子であった。
パラグライダーは21名という大勢の指導員が4機のパラグライダーを使用し、熱心に指導して下さった。熱気球が中止になった分、通常より実施時間が長く取れたため、一人3〜4回と数多くの体験を実施することができた。パラグライダーには最適の風の状況であった為、全員高く浮きあがり、大いに楽しんでいた。また、合間にPTAの方々にも体験していただき、大変喜ばれた。
模型飛行機は、各自で機体を製作後、5つのグループに分かれ校庭で飛ばし方を教わった。自由に飛ばした後、飛行タイムを競い合ったが、風がかなり吹いていた為、上手く風に乗った機体は長時間飛び、優勝した児童の飛行時間は13秒強であった。自分で製作した飛行機が実際に飛ぶというのは子供達にとってはとてもうれしい事であり、全員大いに楽しんでいた。最後に、体育館で指導員により室内模型飛行機のデモフライトが実施された。
強風のため、熱気球が立ち上がらず、
残念ながら体験搭乗は中止
熱気球のバーナー燃焼時の音と熱さにビックリ!

高く浮き上がりました

兵庫フライヤー連盟指導員の皆様とパラグライダー参加者

指導員に出来上がりをチェックしてもらう 模型飛行機の製作

じょうずに作れました! 自分の作った飛行機を校庭で飛ばして、
飛行時間を計測
     
航空スポーツ教室一覧へ戻る  

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ