News Release 財団法人日本航空協会
 TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室>2009年12月(第18回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

第18回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2009年12月19日(土) 午前7時〜12時
場所 東京都町田市立成瀬中央小学校
主催 (財)日本航空協会
共催 こども模型飛行機教室全国推進委員会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 参加者 85名
<学年別>6年生:27名  5年生:25名  4年生:33名
<男女別> 男:46名  女:39名
種目 熱気球、 パラグライダー、 模型飛行機
指導員 <熱気球>      日本気球連盟   合計5名
<パラグライダー> 東京都ハング・パラグライディング連盟   合計9名
<模型飛行機>   日本模型航空連盟   合計4名
天候に恵まれ、3種目とも予定通り実施できた。
熱気球は風が殆どない好条件で、揺れることもなくかなり高くまで上昇し、全員、上空からの景色を楽しんだ。
パラグライダーは開始当初は風待ちの状態が続いたが、後半は風の状態が良くなり、非常に高く飛び上がる児童が沢山いた。自分が飛ばない時は、指導員の指示に従い、補助用のひもを引っ張って友達の浮上の手助けをする等、皆で協力して楽しく行なえた。
模型飛行機教室では、「飛行機を作るのが楽しかった」「自分の作った飛行機が飛んでうれしかった」という感想が沢山あり、良い経験となったようである。
さあ、これから上昇開始!
皆で協力。見事に高く浮き上がりました

揚力実験装置で飛行機の飛ぶ原理を学びます

飛行機の飛ばし方を教わります 飛行時間を計測
     
  航空スポーツ教室一覧へ戻る

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ