News Release 財団法人日本航空協会
 TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室 2011年10月(第23回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

第23回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2011年10月2日(日) 午前7時〜12時
場所 北海道函館市立凌雲中学校
主催 (財)日本航空協会
共催 こども模型飛行機教室全国推進委員会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 参加者 55名 (函館市立弥生小学校の児童)
<学年別>
 6年生:29名 5年生:6名 4年生:20名
<男女別> 男:35名  女:20名
種目 熱気球、 パラグライダー、 模型飛行機
指導員 <熱気球>      日本気球連盟   合計4名
<パラグライダー> 函館ハング・パラグライディングクラブ   合計10名
             北海道ハング・パラグライディング連盟  合計 2名
<模型飛行機>   日本模型航空連盟   合計4名
前線の影響で前日から強風で戸外での開催が危ぶまれていたが、当日早朝は風も雨もなく無事熱気球を立ち上げることができた。しかし体験搭乗を開始して30分ほどで雨が降り出し強風のため気球が歪み、やむなく中止とした。 参加児童の約半数が搭乗体験できず残念であった。
全員体育館で雨宿りをし、雨が上がったところでパラグライダーふわり体験を始めた。急な雨で休止もあったが、指導員の皆様の工夫・努力のお陰で、強風のせいもあり、全員、かなり高く浮上体験を味わうことができた。
模型は、機体製作後に校庭で飛行の予定であったが、直前までの晴れ間がにわかに曇り風が強くなりだしたので、体育館での飛行となった。素直に飛んでいたが、総じてゴムの巻き数が少なく飛行時間は5秒前後とやや短かった。決勝の飛行時間も最高で12秒とやや短めであった。
弥生小学校は校庭が狭く、高台にあり海風が吹き付けるので今回は凌雲中学校のご厚意により広いグランドと体育館を拝借し実施することができました。凌雲中学校の校長先生、教頭先生、そして、指導員の皆様、ご協力に大変感謝しております。
曇天の中、熱気球搭乗体験が始まりましたが、
ほどなく、強風と雨の為中止となり、体育館に避難となりました。
場所を体育館に移して、球皮を取り外したバスケットに乗り込み、指導員の説明を聞きます
パラふわり体験です。
みんなで一斉に走れば空高く体が浮き上がります
今回は皆高く飛びました。
残念ながら、雨が降っていたので体育館の中で自分の飛行機の飛行時間の競技を行いました。

弥生小学校のPTAからの投稿写真です
上がっていく!! ちょっとこわくて、
とってもワクワク
指導の先生の説明をききながら
バスケットに乗ります
熱心に質問します!! 機体立ち上げたー ソーレ!!
よし!! はしるぞー!! もっと走る!!
浮いた!! 飛んだー!!
パラグライダー体験の児童と保護者、全員そろって記念撮影。
本日は、高く、長く、飛べて、存分に楽しめました。
模型飛行機、完成? 記録を出すぞ!エイッ!!
自分で作った模型飛行機を手に記念撮影!!
函館ハング・パラグライダー連盟の方々のご厚意により、終了後に、ハンググライダーの試乗体験も

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ