News Release 財団法人日本航空協会
  TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室 2011年10月(第24回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36

第24回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2011年10月22日(土) 午前7時〜12時
場所 埼玉県所沢市生涯学習推進センター
主催 所沢航空発祥100周年記念事業実行委員会
共催 (財)日本航空協会・こども模型飛行機教室全国推進委員会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 参加者77名
<学年別>
 6年生:11名 5年生:21名 4年生:45名
<男女別> 男:54名  女:23名
種目 熱気球、 パラグライダー、 模型飛行機
指導員 <熱気球>      日本気球連盟   合計4名
<パラグライダー> 東京都ハング・パラグライディング連盟   合計9名
<模型飛行機>   日本模型航空連盟   3名、他1名  合計4名
今回は所沢航空発祥100周年記念事業のイベントのひとつとして開催されました。
天気予報が的中し、前日からの雨は止む気配はなく、体育館を使用しての「航空スポーツ教室」となりました。全面的な屋内での開催は今回が初めてでした。
所沢航空発祥100周年記念事業実行委員会委員長、日本航空協会スポーツ室長の挨拶に続き、熱気球を体育館に運び込み、指導員の方から熱気球についての説明、バーナーオン、そして、膨らませた球皮の中に入ったり、バスケットの試乗をしたりと盛りだくさんの内容となりました。その後、熱気球実験装置を用いて、紙で作成した気球を全員で飛ばしました。
パラグライダーのふわり体験は、走る距離が短いので屋外で行うよりふわり率は低くなりましたが、体育館をフルに活用し指導員のみなさんの努力のおかげで全員行うことができました。
模型飛行機は、機体を製作後、4班に分かれ機体調整、タイム計測で予選を行い、各班代表4名による決勝を行いました。予選の方がいいタイムだった子もいましたが、自分で製作した飛行機が飛ぶというのはとてもうれしいことであり、全員大いに楽しんでいました。最後には、指導員により羽ばたき機やライトプレーン等の室内模型飛行機のデモフライトも実施され、体育館内のみでの飛行でしたが、充実した内容となりました。
ビデオを見たり、航空スポーツの話を聞いたり、充実した時間を送り、最後は修了証とスカイ・キッズバッジをもらい、雨も上がり、解散となりました。

気球の話を熱心に聴きます 球皮の中に恐る恐る入ってみます。
球皮が熱くなっているのがわかります 順番にバスケットに乗ります
紙で作った気球を飛ばします パラグライダーに触ってみます
ふわり体験準備OKです 思いっきり走ります
体育館の天井にパラシュートが付きそうです 航空スポーツのビデオを見ます
指導員の皆さんの体験談を聞きます 指導員の説明を聞きながら真剣です
分からない場合は個人指導です 体育館で試験飛行です
滞空時間を測定します 修了証の授与です

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ