News Release
  TOP航空スポーツ新着情報航空スポーツ教室 2017年3月(第37回)
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント スカイ・レジャー・ジャパン 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

第37回 航空スポーツ教室 「スカイ・キッズ・プログラム」
日時 2017年3月12日(日) 午前6時30分〜12時
場所 宮崎県日南市日南総合運動公園
共催 (一財)日本航空協会、こども模型飛行機教室全国推進委員会
協賛 「空の日」・「空の旬間」実行委員会
参加者 参加者 18名
<学年別> 6年生:1名、5年生:5名、4年生:11名、2年生:1名
種目 熱気球、パラグライダー、模型飛行機
指導員 <熱気球>      宮崎大学気球部  合計9名
<パラグライダー> 宮崎県ハング・パラグライディング連盟 合計12名
<模型飛行機>   こども模型飛行機教室全国推進委員会他  合計9名
今回は、参加者が少人数であったため、通常二種目の体験であるところを、特別に全三種目参加者に体験してもらうプログラムとしました。

【熱気球係留体験】(全員)
当日の朝は晴れており、風も比較的弱かったため、熱気球の立ち上げを試みました。しかしながら、徐々に風が強くなり、立ち上げた球皮が左右に大きく揺さぶられる状態となったため、安全を考慮して熱気球係留は中止としました。参加者は球皮収納の手伝いをした後、熱気球のパイロットからバーナーの仕組み等の説明を聞き、実際にバーナー燃焼体験もしました。

【パラグライダーふわり体験】(全員)
熱気球体験後、公園で引き続きパラグライダー浮上体験をしました。敷地が広かったため、通常は2機で実施するところを今回は4機で実施し、通常より多く飛ぶ機会を設けることが出来ました。また、ベテラン指導員の指導により、ふわりと高く上昇したり、一人でキャノピーをコントロール出来るまで上達する参加者もいました。

【座学】(全員)
パラグライダー体験後、会議室に移動し、航空の歴史と航空スポーツについてのDVDを視聴しました。その後、模型飛行機教室の講師から「なぜ飛行機は飛ぶのか」について揚力実験器を用いた説明を聞きました。

【模型飛行機教室】(全員)
座学に続き、同会議室で模型飛行機の製作・調整をし、公園で班ごとに飛行調整と滞空時間競技の予選を行い、最後に班代表の4名で決勝飛行を行いました。滞空時間競技の1位〜3位は全員女の子で、1位の子は14秒台の好タイムを出しました。
その後室内で、修了証とスカイ・キッズピンバッジが参加者に授与され、滞空時間競技1〜3位の表彰も行われました。以上で、今回のプログラムは無事終了しました。
【熱気球】    
 
気球の立ち上げ   風に揺さぶられる球皮
球皮収納 バーナー燃焼体験
【パラグライダー】     
準備体操 ふわり体験
 【座学】    
DVD鑑賞 揚力の説明
【模型飛行機】     
模型飛行機製作 飛行調整
【修了式】     
滞空時間競技の表彰(1位〜3位) 修了証の授与
     
航空スポーツ教室一覧へ戻る  

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ