News Release WEB版航空と文化
 TOPスカイスポーツのご案内>グライダー
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター グライダー 模型 パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント SLJ 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

グライダー(Glider)
グライダー(滑空機)、
モーターグライダー(動力滑空機)

グライダー

モーターグライダー
飛翔する姿が「空の女王」と称されるほど優雅なスカイスポーツ、グライダー。エンジンを装備していなくても、高度が10mあれば300〜500mは前進が可能で、上昇気流を捉えることで高度を稼ぎ、さらに遠く高く飛翔することが出来ます。エンジン付き飛行機とはまったく違う風を切る飛行機、それがグライダーです。また、エンジン付きグライダー(モーターグライダー)もあります。

グライダーはエンジンを持たないので、離陸は飛行機やウインチで上空まで曳航してもらいます。その後は上昇気流(サーマル)を捕まえて旋回しながら高く上昇し、そこから遠くの距離まで滑空します。1,000km以上(東京から鹿児島あたりまで)の距離を飛行するパイロットもいます。

どこで見られるの
日本各地の滑空場(約40ヶ所。詳細は(公社)日本滑空協会のホームページ参照)で見る事ができます。毎年、競技会などが開催されています。

操縦資格等
日本国内で操縦するには国家資格である操縦ライセンスが必要です。

費用
国内のグライダークラブで操縦ライセンスを取得し、国内のクラブで飛行する場合
ライセンス取得=60〜100万円程度
クラブに所属する入会金・年会費など=10〜15万円程度
週末に飛行する費用
グライダー=30分あたり、7,000円〜1万円程度
モーターグライダー=1時間あたり、1万5,000円〜3万円程度

連絡先
(公社)日本滑空協会
電話 03-3519-8074
FAX 03-3519-8075
ホームページ http://www.japan-soaring.org/

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

▲このページのトップへ

(財)日本航空協会のホームへ