News Release WEB版航空と文化
 TOPスカイスポーツのご案内>ハンググライダー・パラグライダー
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター グライダー 模型 パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント SLJ 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

ハンググライダー(Hangglider)・(Paraglider)

ハンググライダー


パラグライダー
ハンググライダー
パラグライダー
補助動力付ハンググライダー、補助動力付パラグライダーも仲間です。
空を飛ぶ夢を追い続けた人類が現代科学で実現させた人造の翼、パラグライダー。19世紀後半にリリエンタールが開発した人力滑空機が原型のハンググライダー。気軽に楽しむならパラグライダー、スピード感を味あうならハンググライダーと、その魅力を吟味してお気に入りのフライトスタイルを選べば楽しさも倍増です。
ハンググライダーは1964年にアメリカのリチャード・ミラーが、NASAが開発した宇宙船回収の凧にヒントを得て、竹の骨組みにナイロンのシートを張って飛行したのが始まりと言われています。
パラグライダーは1978年ごろにフランスのスカイダイバーがスカイダイビング用のパラシュート(キャノピー=傘の部分)を用いて、山から飛び出したのが始まりです。パラグライダーは日本で最も愛好者の多いスカイスポーツです。
日本ではハンググライダーが1971年、パラグライダーが1986年に、それぞれ本格的にスタートしました。

どこで見られるの
パラグライダーは全国各地にフライトエリアがあります。
また、ハンググライダーと共用のエリアもあります。
詳細は、(公社)日本ハング・パラグライディング連盟のホームページで確認できます。

操縦資格等
国家資格はありませんが、操縦するには(公社)日本ハング・パラグライディング連盟のライセンスを取得して下さい。

費用
・1日体験コース=8,000円〜1万円程度
・パイロット証取得まで=10万円程度
・取得後のエリア使用料=1日あたり1,000円〜5,000円程度

連絡先
(公社)日本ハング・パラグライディング連盟
電話 03-5834-2889
FAX 03-5834-2089
ホームページ http://jhf.hangpara.or.jp/index.html

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

▲このページのトップへ

(財)日本航空協会のホームへ