News Release WEB版航空と文化
 TOPスカイスポーツのご案内>マイクロライトエアクラフト
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター グライダー 模型 パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント SLJ 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

マイクロライトエアクラフト&パワードパラグライダー
  (Microlight aircraft and Powered paragliders)



マイクロライトエアクラフト
ウルトラライトプレーン、超軽量動力機とも言います。
パラモーターも国際航空連盟(FAI)では同じ ”R” カテゴリーで、パワードパラグライダー(PPG)の仲間です。
飛行機を操縦して空を飛びたいけれど、苦労して国家資格を取るのは大変だなぁ〜と思っている方に最適なスカイスポーツです。
軽飛行機のような操縦士ライセンスは不要、代わりに航空法上必要な許可を国土交通省から取得することで気軽にフライトすることができます。車の車検に相当する耐空証明検査も必要ありません。マイクロライトエアクラフトの中には軽飛行機と見間違うようなものからハンググライダーやパラグライダーにエンジンを搭載し、離着陸の為の車輪や座席を付けただけの簡単なものまで、多種多様です。

舵面操縦型
体重移動操縦型
パラシュート型
パラシュート型
パラモーター
 (パワードパラグライダー(PPG)、モーターパラグライダー、FLMとも言います)
JPMA(Japan Para-Motor Association)

どこで見られるの


マイクロライトエアクラフト パラモーター
マイクロライトエアクラフトは国土交通省航空局から認可を受けた場外離着陸場周辺の空域や、全国で開催されているスカイスポーツイベントなどで見る事が出来ます。 平地から飛べるパラモーターは各地域の河川敷・海岸・休耕田等で、よく見かけます。
また各地で開催されるスカイスポーツイベント会場でデモ飛行等を見ることができます。
詳しくは日本パラモーター協会(JPMA)にお問い合わせ下さい。

操縦資格等
マイクロライトエアクラフト パラモーター
国土交通省からの許可が必要です。

・機体、操縦者、離着陸場所

・国土交通省航空局への申請/問い合わせ先 こちらをクリック
人間の脚で離陸・着陸するパラモーターの国家資格はありません。
操縦するには、日本パラモーター協会が発行する技量認定証を取得して下さい。
(航空法規・気象・機材構造・飛行技術・安全責任等の講習・学科/技量検定あり)

費用
マイクロライトプレーン パラモーター
機体の購入=100万円〜500万円 機材の購入=150万円前後

連絡先
マイクロライトエアクラフト
(ウルトラライトプレーン、超軽量動力機とも言います)
NPO法人 日本マイクロライト航空連盟
電話 03-3519-2645
FAX 03-3519-2646
ホームページ http://flyers.jp/

パラモーター
 (パワードパラグライダー(PPG)、モーターパラグライダー、FLMとも言います)
日本パラモーター協会(JPMA)
電話 03-3438-1239
FAX 03-3438-1239
ホームページ http://www.paramotorjapan.jp/

気球 エクスペリメンタル 自家用 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

▲このページのトップへ

(財)日本航空協会のホームへ