News Release WEB版航空と文化
 TOPスカイスポーツのご案内>模型航空機
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター グライダー 模型 パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント SLJ 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

模型航空機(Model Aircraft)


モデルロケット
フリーフライト機、コントロールライン機、
ラジコン機、モデルロケットなど、
たくさんの種類があります。
模型航空機というと「こどものおもちゃ」というイメージがありませんか。ひと口に模型といっても紙飛行機からラジコン機まで、その種類は実に多く、楽しみ方の幅も広く、そして深いものがあります。日本から何名もの世界チャンピョンを出しているのも模型航空機です。
模型航空機は大きく3つに分類できます。
・フリーフライト機
パイロットの手を放れたら模型飛行機自身の安定性によって気流に任せて飛行します。
・コントロールライン機
機体に2本の細いワイヤーが付いており、そのワイヤーを地上のパイロットが手で操作して操縦します。
・ラジコン(ラジオコントロール)機
地上のパイロットがプロボ(無線操縦機器)を使って操縦します。

どこで見られるの
多くの模型飛行機クラブは河川敷で飛行しています。模型店で飛行場を尋ねてみるのもいいです。毎年、各競技種目の日本選手権が全国各地の会場で開催されます。また、11月には群馬県尾島町のラジコン飛行機専用飛行場で、国内最大規模の模型航空機ショーを見る事ができます。

操縦資格等
国家資格はありません。

費用
市販されている完成品や制作キットを購入した場合
・フリーフライト機=1万円程度(ゴム動力機)
・コントロールライン機=3万円程度
・ラジコン(ラジオコントロール)機=7万円程度(機体・エンジン含む)+4万円程度(プロボ(無線操縦機器))
完成機を購入した場合はキット価格の2倍程度

連絡先
日本模型航空連盟
電話 03-3502-1556
FAX 03-3502-1556
ホームページ http://www.jmaf.jp/

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

▲このページのトップへ

(財)日本航空協会のホームへ