News Release WEB版航空と文化
 TOPスカイスポーツのご案内>パラシューティング
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター グライダー 模型 パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント SLJ 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

パラシューティング(Parachuting)

パラシューティングは、スカイダイビング、落下傘降下とも言います。
・フォーメーションスカイダイビング
・アキュラシー
フリースタイル
・スカイサーフィン
・キャノピーフォーメーション
身体ひとつで飛ぶ最もシンプルかつエキサイティングなスカイスポーツ、スカイダイビング。一度はやってみたい!と思ったこと、ありませんか?

着地精度を競うアキュラシー、空中で数名が様々な形を作るフォーメーション、選手とカメラマンが一組になり空中で演技を行なうフリースタイルなどの他、新しい種目が次々を生まれています。一度やってみたらヤミツキになる人、キット多いに違いありません。

航空機に乗って一定の高度(3,000m〜4,000m)まで昇り、そこから機外へ飛び出して降下し、パラシュート(落下傘)を開いて着地します。
危険なスポーツだと思われがちですが、安全対策が二重三重に施されており、万が一空中で気絶してしまっても設定高度に達したら自動的にパラシュート(落下傘)を開く「ADD(Automatic Activation Device 自動開傘装置)」という装置も装備して行うので安心です。

タンデムジャンプ(体験)
未経験者向けの体験ジャンプ(降下)
2人乗りのパラシュート(落下傘)を利用し、インストラクター(教官)と一体になって高度3,000mからジャンプ(降下)し、約30秒後にインストラクターがパラシュートを開き、約10分間の空中散歩が楽しめます。
子供から年配の方まで体験できます。

フォーメーションスカイダイビング(競技)
パラシュートを開かずに、時速200kmで降下しながら、グループで手足をつなぎ合い決められたフォーメーション(形)を作ります。
4人一組で行う4WAYと8人一組で行う8WAYの競技があり、
4WAYは35秒間で、8WAYは50秒間でフォーメーションを何回完成できるかを競います。
採点はビデオを使うので、チームとしてカメラマンが一緒に降下します。
アキュラシー(競技)
高度800m〜1,000mでパラシュートを開き、風を読み、微妙な操縦で地上に置かれた直径わずか5cmの目標(デッド・センター)へ、いかに正確に着地するかを競います。
トップクラスの大会では目標の中心から1cm単位で競い合う為、測定には自動計測用パッド(AMD)が置かれ、より精度の高い判定が行われています。

フリースタイル(競技)
演技する選手とカメラマンが2人一組になり、高度4,000mから降下し、パラシュートを開かないで、45秒間、空中で演技を行ないます。
空中のフィギュアスケートともいわれ、難易度、独創性、正確性などで競われます。
カメラマンはヘルメットの上に取り付けられたビデオカメラで演技する選手を逃さないように撮影し、この映像を使って採点されます。演技とともにビデオ撮影の取り方(アングル等)も評価対象です。

どこで見られるの
日本各地のドロップゾーン(DZ)と呼ばれる降下地点で見る事が出来ます。

操縦資格等
国家資格はありませんが、各ドロップゾーン(DZ)にてトレーニングを受けて適切なライセンスを取得して下さい。

費用
国内のスカイダイビングスクールを卒業してライセンスを取得し、国内のクラブで降下(ジャンプと言います)する場合。

・スクールにかかる費用=30万円程度
・フライト装備一式=70万円程度
・週末にジャンプする費用=1降下あたり、5,000円〜1万円程度

連絡先
(一財)日本航空協会
電話 03-3502-1203
FAX 03-3503-1375
ホームページ 認定統括団体としては、なし

気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター 模型 グライダー パラシューティング ハングパラ マイクロライト

▲このページのトップへ

(財)日本航空協会のホームへ