News Release WEB版航空と文化
 TOP>航空スポーツ政府広報協力
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター グライダー 模型 パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント SLJ 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK

 2019年11月29日
 (一財)日本航空協会 航空スポーツ室

超軽量動力機等の更なる安全運航について 
 
超軽量動力機等の事故は2018年には4件(うち2件が死亡事故)、2019年には1件発生しております。特に昨年11月に茨城県行方市で発生した墜落事故において、その墜落地点が航空法第11条ただし書および第28条第3項の許可条件である飛行範囲を逸脱していたことは、世間からの航空スポーツ全般に対する信頼を揺るがしかねない事例でした。
また、この事例に限らず、近年の超軽量動力機等による航空事故の約7割が、航空法上必要な許可を取得せずに飛行、または飛行許可範囲外を飛行しているというデータも当局から示されております。
航空局は、弊協会も作成に協力しているパンフレット「超軽量動力機等の安全な飛行のために」、及び「超軽量動力機等の更なる安全運航へのお願い」(下記LINKから閲覧可能)等を作成し、航空局ホームページで注意を呼びかけております。
超軽量動力機等の飛行を行おうとする方は、当該パンフレットをご参照いただき、航空法上必要とされる
  (1) 機体の安全性
  (2) 操縦技量
  (3) 飛行場所
 の事前許可等の必要な許可を取得した上で、許可条件を遵守して、安全な飛行を楽しんでいただくようお願いします。
<超軽量動力機等の安全な飛行のために> www.mlit.go.jp/common/001263857.pdf
<国土交通省ホームページ> www.mlit.go.jp/koku/15_bf_000115.html
<超軽量動力機等の更なる安全運航へのお願い> www.mlit.go.jp/common/001263858.pdf


お問い合せ先
(一財)日本航空協会 航空スポーツ室
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1
TEL 03-3502-1203 FAX 03-3503-1375

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ