News Release 財団法人日本航空協会 WEB版航空と文化
 TOP文化事業>航空宇宙輸送研究会
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

航空図書館 出版 航空と文化 講演会 セミナー 青少年絵画 宇宙輸送研究会

第2回宇宙旅行シンポジウム(2007.3.3開催)
(財)日本航空協会
日本ロケット協会
 スペースシップワンがアンサリXプライスを獲得して以来、民間による商業有人宇宙輸送の計画が本格化してきました。ヴァージン・ギャラクティック社は乗客6名が搭乗できるスペースシップ2の開発を進めており、2008年には乗客を乗せての観光旅行を行う予定で、すでに多くの旅行希望者が予約をしています。我が国においても旅行会社が宇宙体験弾道飛行から月旅行までの商品を発表するなど、宇宙旅行への高い関心が寄せられており、今後国内でも宇宙旅行が民間のビジネスとして急成長する可能性が見えてきました。昨年、創設50周年を迎えた日本ロケット協会および日本航空協会では、これまでに「観光丸」を中心とする宇宙旅行の研究を進め、民間による有人宇宙輸送のための法整備や宇宙観光旅行商業化についての研究など、有人飛行や宇宙活動を活性化させることを目的として活動を行っています。
 2005年に初めての宇宙旅行シンポジウムを開催してからわずか2年でこのように国際的に宇宙旅行を巡って急展開があるなか、我が国においても有人宇宙飛行を目指した独自の活動についてご紹介し、今後のより一層の活性化を促すことを目的として、以下の講演とパネルを企画しシンポジウムを開催しました。たくさんの皆さまのご参加、ありがとうございました。
第3回宇宙旅行シンポジウムを企画中です。(2008年3月現在)
1.日時 2007年3月3日(土曜日)13:00から17:00
2.会場 航空会館 7階 大ホール
 (東京都港区新橋1-18-1 電話:03−3502−1206)地図はこちら
3.シンポジウムプログラム
基調講演
「『2055年宇宙万博』で月面パビリオン建設へ」 山根一眞 ノンフィクション作家

一般講演
「Xプライズ後の宇宙旅行をめぐる動き」 大貫美鈴 SpaceFrontierFoundation
「米国における商業宇宙旅行の育成と法規整備」 橋本安男 日航財団
「我が国の宇宙パイロット養成を考える」 高野開 日本航空機操縦士協会
「再使用ロケット実験機から有人飛行へ」 小川博之 JAXA
「企業からみた弾道飛行の事業の可能性」 志村康治 三菱重工業

パネルディスカッション
パネラー
山根一眞
大貫美鈴
橋本安男
高野 開
小川博之
志村康治
大島弘義 中日新聞社(東京新聞)
コーディネーター 的川泰宣 JAXA

名刺交換
シンポジウム終了後、名刺交換の時間をとりました。
おかげさまで大盛況で終了しました

本シンポジウムは無料でご参加いただけますが、会場整理都合上、事前お申込みをe-mailにてお願いします。
お問い合わせなどは下記宛お願いします。
シンポジウムプログラム委員
稲谷芳文(日本ロケット協会)
酒井正子(日本航空協会)
TEL 03-3502-1206
FAX 03-3503-1375
▲このページのトップへ

(財)日本航空協会のホームへ