News Release 財団法人日本航空協会
 TOP文化事業>航空宇宙輸送研究会
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 

航空図書館 出版 航空と文化 講演会 セミナー 青少年絵画 宇宙輸送研究会

第1回宇宙旅行シンポジウム(2005.3.12開催)

(財)日本航空協会
日本ロケット協会宇宙旅行シンポジウムのポスター

2004年1月、ブッシュ米国大統領は新宇宙戦略を発表し新たな宇宙活動の展開を宣言しました。2003年10月には中国が有人宇宙船「神舟5号」打ち上げと帰還に成功しました。2004年10月米国ではスペースシップワンがアンザリXプライズを獲得しました。英国のヴァージン航空はこの機体を改造して商業宇宙旅行に進出する構想を発表して世界を沸かせました。まだまだ夢の段階にあると考えられていた民間技術による宇宙機開発と商業宇宙旅行が実現性を帯びるようになり、商業化へ急展開も予想されます。これらの動きは歓迎すべきものですが、宇宙開発は、巨額の予算と多くの最先端技術の集約を必要とすることもあり、わが国においては有人宇宙飛行が自国の将来の発展に不可欠であることに理解を得て、国民の賛同のうえで宇宙活動を活性化させることが求められています。

日本ロケット協会は1993年から宇宙旅行事業化を研究課題として取り組んでおり、2001年8月、日本航空協会がこれを引き継いで有人宇宙開発の必要性を広く普及することを目的に航空宇宙輸送研究会を発足させています。本研究会の目的は、「宇宙への商業輸送の推進に取組む体制づくりを目指して、研究の推進と知見を一般に広めるための活動を行う」としております。国際的に宇宙旅行を巡って進展があるなか、わが国においてもこのように有人宇宙飛行の活性化を目指した民間独自の活動があり、この紹介かたがた、以下のとおり内外からの講演とパネルを企画しシンポジウムを開催しました。

おかげさまで大盛況で終了しました。

シンポジウムの模様はこちら(WEB版 航空と文化)
http://www.aero.or.jp/web-koku-to-bunka/utyu-yusou/sympo-200503.htm


1.開催日時:2005年3月12日(土曜日)13:00〜17:00
2.開催会場:航空会館 7階 大ホール(港区新橋1−18−1 電話:3502−1206)地図
3.シンポジウムプログラム
  基調講演
「宇宙旅行の夢を実現しよう」 秋山豊寛 宇宙飛行士
「ロケットへの搭乗-テストパイロットアンケート調査」 齋藤 勝 日本航空協会
「Xプライズとアメリカの熱気」 水谷定博 Xプライズ財団
  一般講演
「宇宙旅行機の安全性再考」 米本 浩一 川崎重工業
「乗員の立場から民間有人宇宙輸送へ提言」 高野 開 元全日空機長
「航空事業から宇宙旅行事業化を検討して」 橋本安男 日航財団
「民間投資によるドイツの弾道宇宙旅行計画」 W.インデン インデンコンス社
「ジャーナリストから見た宇宙開発」 知野恵子 読売新聞社
パネルディスカッション
コーディネーター 的川泰宣 宇宙航空研究開発機構

4.懇親会
シンポジウム終了後、17:00より懇親会(参加費千円)を開催しパネラーと意見交換の場を設けます
主催:財団法人日本航空協会 日本ロケット協会
協力:株式会社日本航空 全日本空輸株式会社 社団法人日本航空宇宙工業会

おかげさまで大盛況で終了しました。
参加希望の方は、懇親会出欠を含めて、下記にFAXあるいはe-mailをお願いします
航空会館への交通:JR山手線「新橋」、地下鉄銀座線「新橋」日比谷側出口から徒歩5分
都営地下鉄三田線「内幸町」から徒歩1分 地図

シンポジウムプログラム委員 稲谷芳文(日本ロケット協会)
酒井正子(日本航空協会)
TEL 03-3502-1206
FAX 03-3503-1375
  

▲このページのトップへ

(財)日本航空協会のホームへ