News Release
 TOP航空遺産継承基金:航空の歴史を後世に残そう>展示会
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

活動記録 航空の歴史を後世に残そう 設立趣意書 規定 賛助員申し込み用紙(Excel版)or(PDF版
展示会 写真集 重要航空遺産 ギャラリー アーカイブ 利用の手引き

日本航空協会創立100周年記念展示
「帝国飛行協会と航空スポーツ」
 
 日本航空協会は、1913(大正2)年の「帝国飛行協会」の発足から数えて100周年を迎えました。帝国飛行協会の時代の資料および戦前の模型飛行機やグライダーなど航空スポーツに関する資料を主に展示し、日本航空協会の100年に及ぶ活動の一端を紹介しました。
 主  催: 独立行政法人国立科学博物館・一般財団法人日本航空協会
 後  援: 国立文化財機構東京文化財研究所・国土交通省航空局
 協  力: 日本模型航空連盟
 開催期間:  2013年12月17日(火)〜2014年1月19日(日)
 開催場所:  国立科学博物館 地球館2階

 紙飛行機教室「タウベを飛ばそう」のご案内
開催日 2014年1月4日(土)および5日(日)
時 間 第1回 10:30〜(2時間程度)
第2回 13:30〜(2時間程度)
対 象 10歳以上
定 員 各回先着20名 各教室開始15分前から整理券を配ります。(地球館2階奥「近代化の成果」のコーナに展示されている零式艦上戦闘機の横に受付があります)
参加費 無料
内 容 ルンプラー・タウベは1914年に帝国飛行協会がドイツから輸入した飛行機です。タウベはドイツ語でハトという意味で、翼の形がハトに似ていることから名付けられました。紙飛行機は厚紙をハサミで切り抜きセメダインで接着して作ります。日本模型航空連盟のスタッフが作り方と飛ばし方をご案内します。
問合せ先 日本航空協会航空遺産継承基金
電話:03−3502−1207
電子メール:isan@aero.or.jp

一般財団法人 日本航空協会
航空遺産継承基金事務局
過去の展示会のご紹介 
期 日 名 称
2013年3月26日(火)〜4月7日(日)  「航空黎明期の写真展 −それでも私は飛ぶ−」 
2009年12月19日〜2010年1月31日 知られざる回転翼航空機の開発
日本初の本格的ヘリコプター・特殊蝶番試作レ号
2006年9月20日〜10月22日 YS-11国産旅客機44年の航跡
2005年8月4日〜8月10日 航空の歴史を次の世代に

このほか、2010年10月26日〜2011年2月6日に国立科学博物館で開催された展示会「空と宇宙展−飛べ!100年の夢」(主催:国立科学博物館、日本経済新聞社)では、展示資料に関して助言・提供を行うと共に記念誌の編集にも協力いたしました。

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2011.05.20から設置