News Release 一般財団法人 日本航空協会
TOP>航空遺産継承基金:重要航空遺産
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 航空クラブ 貸会議室
 

活動記録 航空の歴史を後世に残そう 設立趣意書 規定 賛助員申し込み用紙(Excel版)or(PDF版
展示会 写真集 重要航空遺産 ギャラリー 利用の手引き

重要航空遺産

 当協会では、歴史的文化的に価値の高い航空遺産を「重要航空遺産」として認定し、その意義を広く社会に知らしめるとともに、後世に遺していくため「重要航空遺産認定制度」を平成19年に設立いたしました。
 平成20年に、国立科学博物館が所有する「YS−11輸送機量産初号機」および埼玉県が所有する「九一式戦闘機」を初の「重要航空遺産」として認定し、これまでに以下の航空遺産を重要航空遺産として認定しています。
(認定の新しいものから順に掲載しています。)。

認定品

X1G1B高揚力研究機

所有者:防衛省技術研究本部
保管展示:かかみがはら航空宇宙科学博物館
平成26年3月27日認定

UF−XS実験飛行艇

所有者:防衛省海上自衛隊
保管展示:かかみがはら航空宇宙科学博物館
平成26年3月27日認定
 
日本初の飛行機による動力飛行が行われた代々木練兵場跡地 

所在地:東京都渋谷区
平成23年12月1日認定
 
零式水上偵察機

所有者:南さつま市
平成23年12月1日認定
 
日本初の動力飛行をした飛行機のプロペラ

所有者:独立行政法人国立科学博物館
平成22年12月19日認定
 
戦後航空再開時の国産航空機群

所有者:東京都立産業技術高等専門学校
平成21年5月18日認定
 
九一式戦闘機

所有者:埼玉県
平成20年3月28日認定
 
YS-11輸送機量産初号機(JA8610)および関連資料

所有者:独立行政法人国立科学博物館
平成20年3月28日認定

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ

2008.3.28から設置