News Release WEB版航空と文化
 TOP>概要
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 


沿革
日本航空協会のルーツは、1913年(大正2)に創立された帝国飛行協会にあります。

東京代々木で国内初の動力飛行が成功した1910年(明治43)の3年後、民間主導による航空振興を活動目的として帝国飛行協会は創設されました。皇室からの下賜と民間寄付を財源に活動は展開され、当時唯一の国際航空組織であった国際航空連盟:FAI(Federation Aeronautique Internationale)に日本を代表して加盟しました。

また航空機の実用性向上のため東京〜大阪間の懸賞飛行、飛行競技会、などを全国各地で開催し、その他にも講演会、映画会、各種補助金の交付、航空殉職者に対する慰助活動、懸賞論文募集、海外からの有名飛行家歓迎など多彩な事業を行い、大正から昭和初期にかけて軍事とは別の民間分野で航空の進歩に貢献しました。
当時国内を熱狂させた事件であった航研機の長距離飛行、神風号の訪欧飛行でも帝国飛行協会は記録を公認する立場にあり、軍事を除いた航空全てに関連していたと言っても過言ではないでしょう。

その後、戦争が拡大する中で航空戦力に直結する戦時体制への切り替えが要求されることとなり、1940年(昭和15年)には閣議決定に基づき、他の航空団体と統合することになり大日本飛行協会へと改組しました。

1945年(昭和20)の終戦後、航空は全面禁止となり大日本飛行協会も一旦幕を閉じました。暫く表立った活動は出来ませんでしたが、逓信科学振興協会という仮の姿で継続し1952年(昭和27)の航空再開とともに現在の財団法人日本航空協会として新たなスタートを切りました。

1973年(昭和48)までは朝日、毎日、読売の新聞3社が運営にあたっていましたが、航空会館の建て替えを機に航空会社に引き継がれました。

この航空会館を拠点として、航空図書館の運営、航空関係者の表彰、各種講演会・セミナーの開催、教本書籍・統計書籍の出版、航空スポーツの普及振興育成、国際航空連盟(FAI)の日本代表機関業務、日本記録の認定・管理、世界記録の申請、日本選手権者の認定・管理、世界選手権への選手認定、世界選手権の日本開催、青少年航空宇宙絵画コンテストの開催、航空スポーツ教室の開催、こども模型飛行機教室の開催、航空育英会、航空遺産継承事業、航空神社祭事、全国地域航空システム推進協議会事務局、航空宇宙輸送研究会事務局、「空の日」「空の旬間」実行委員会事務局、航空クラブ事務局、新年賀詞交歓会事務局、国際線発着調整事務局などを行っております。

日本航空協会が我が国で最も長い歴史を有する航空に係わる団体です。

▲このページのトップへ

概要
名称 一般財団法人 日本航空協会 (ニホンコウクウキョウカイ)
活動目的 この会は、航空宇宙思想の普及、航空技術の向上を図り、内外航空宇宙団体との緊密な連携のもとに航空宇宙諸般の進歩発展に寄与することを目的とする。
運営施設
航空会館 東京都の耐震診断マーク取得済
小史
1913(T02)年 (社)帝国飛行協会発足(翌年財団化)
1914(T03)年 第1回民間飛行競技会を開催(兵庫/鳴尾競馬場)
1919(T08)年 国際航空連盟:FAIに加盟(19番目の加盟国)
1919(T08)年 第1回東京〜大阪懸賞郵便飛行大会を開催
1926(T15)年 パリ日本大使館にてFAI総会を開催
1929(S04)年 飛行館の竣工
1931(S06)年 国産機による太平洋横断懸賞飛行を発表 (成功者なし)
1940(S15)年 (財)大日本飛行協会に改組
1945(S20)年 (財)大日本飛行協会解散
1945(S20)年 (財)逓信科学振興協会発足
1952(S27)年 (財)日本航空協会発足
1952(S27)/10/01 設立
1953(S28)/01/24 運輸大臣許可(官文第51号の1)
1953(S28)/02/24 登記日
1955(S30)年 航空図書館を開設
1956(S31)年 日本航空史/明治・大正編の刊行
1957(S32)年 表彰制度を創設(航空学術賞)
1969(S44)年 大阪飛行館落成(1998年閉館)
1970(S45)年 関宿滑空場を開設(2003年NPO法人に移譲)
1977(S52)年 スポーツ航空フライイン'77を開催
 (埼玉/桶川、初の航空スポーツフライトショー)
1978(S53)年 航空会館の竣工(飛行館の建替)
1981(S56)年 第74回FAI総会を東京で開催
第3回ハンググライディング世界選手権開催(大分県別府市)
1984(S59)年 F1D世界選手権開催(名古屋市、模型:フリーフライト室内)
1989(S64・H1)年 第9回 熱気球世界選手権開催(佐賀県佐賀市)
第1回スカイ・レジャー・ジャパンを埼玉県本田エアポートで開催
1992(H04)年 日本航空史の完結 (明治大正・昭和戦前・昭和戦後 各編)
1993(H05)年 女子ハンググライディング世界選手権開催(山形県南陽市)
1995(H07)年 パラグライディング世界選手権開催(福岡県北九州市)
F3A・F3C世界選手権開催
(岡山県笠岡市、模型:F3Aラジオコントロール曲技。F3Cラジオコントロールヘリコプター)
1996(H08)年 FAI(国際航空連盟)よりエアスポーツメダル受賞
1997(H09)年 第13回 熱気球世界選手権開催(佐賀県佐賀市)
1998(H10)年 フランス航空協会からメダル受賞
大阪飛行館を閉館
(国有地返還命令により)
大阪飛行館
2000(H12)年 ジャパン・ソアリングセンター関宿30周年記念イベント開催
  (第12回スカイ・レジャー・ジャパンと共催)
第25回パラシューティング世界選手権伊勢志摩大会を開催
2001(H13)年 第6回ワールド・ゲームズが秋田で開催され航空スポーツとしてパラシューティング競技を開催。IOC(国際オリンピック委員会)から感謝状を受けるなど高い評価を得た
2003(H15)年 ジャパン・ソアリングセンター関宿を、滑空愛好者が設立した特定非営利活動法人 関宿滑空場に移譲
F3C RCヘリコプター世界選手権開催
  (石川県能登、模型:F3Cラジオコントロールヘリコプター)
創立90周年記念『航空文化百年展』開催
  12月12日〜20日、航空会館9階サロン、666名来場
2004(H16)年 航空遺産継承基金を設立
2005(H17)年 WEB版「航空と文化」スタート
スカイ・レジャー・ジャパン’05 イン野田をFAI100周年記念行事として開催
2006(H18)年 日本航空協会平沢顧問がFAIシルバーメダル(世界初)と終身名誉会員ディプロマを受賞
第17回 熱気球世界選手権開催(栃木県もてぎ)。この機会にFAIポートマン会長来協
2007(H19)年 重要航空遺産認定制度を設けYS-11輸送機量産初号機、九一式戦闘機を認定
2008(H20)年 1月、国際線発着調整事務局を設置
2010(H22)年 9月20日、記念誌『日本の航空100年』を刊行
2012(H24)年 7月2日(月) 一般財団法人へ移行登記
「一般財団移行にあたり」 会長挨拶 
2013(H25)年 創立100周年
2016(H28)年 第22回 熱気球世界選手権開催(佐賀県佐賀市)

▲このページのトップへ

業務・財務に関する資料

定款 (PDF
理事・監事・評議員・顧問名簿 (平成29年8月1日付
事業報告書 (平成28年度別表
正味財産増減計算書貸借対照表 (平成28年度) 
事業計画書 (平成29年度

Get Adobe Reader 上記PDFファイルを開くにはアドビリーダーが必要です。
うまく開くことができない方は、左のロゴをクリックしてご自身のパソコンにアドビリーダーをダウンロードして下さい。

(参考)
一般財団法人の情報公開
公務員制度改革大綱に基づく措置・・・1.(1)(2) 2002.3.29

▲このページのトップへ

歴代会長(日本航空協会)
1 1952.10〜1961.4 郷古 潔

元三菱重工社長、会長

2 1962.8〜1973.4 荘田会長の写真 荘田 泰蔵

元日本航空機製造社長
元日本航空工業会理事長

3 1973.4〜1981.10 柳田会長の写真 柳田 誠二郎

元日本航空社長
元海外経済協力基金総裁

4 1981.10〜1987.5 岡崎会長の写真 岡崎 嘉平太

元全日本空輸社長
元日中総合貿易連絡協議会会長

5 1987.5〜1991.6 荒木会長の写真 荒木 茂久二

元運輸事務次官
元帝都高速度交通営団総裁

6 1991.8〜1995.5 秋山会長の写真 秋山 龍

元運輸事務次官
元日本空港ビルディング社長、会長

7 1995.5〜1996.11 浅田会長の写真 朝田 静夫

元運輸事務次官
元日本航空社長

8 1997.5〜1999.5 若狭会長の写真 若狭 得治 元運輸事務次官
元全日本空輸社長、会長
9 1999.5〜2004.11 利光会長の写真 利光 松男

元日本航空社長
元日本航空相談役

10 2005.5〜2011.5 近藤 秋男

元全日本空輸社長、副会長
現ANAホールディングス名誉顧問

11 2011.5〜 野村 吉三郎 元全日本空輸社長、会長
現ANAホールディングス名誉顧問

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ