News Release WEB版航空と文化
 TOP>航空スポーツ新着情報
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 
気球 エクスペリメンタル 飛行機・ヘリコプター グライダー 模型 パラシューティング ハングパラ マイクロライト

業務 競技会・イベント SLJ 記録 申請 航空スポーツ教室 こども模型教室 FAI規定類(日本語訳) LINK
アンチ・ドーピング活動

航空スポーツ新着情報

模型航空機 F1D 日本記録認定
平成30年3月22日、木原一正氏が、模型航空機フリーフライトF1D室内機の世界選手権で、滞空時間記録の日本記録を樹立されました。
  【飛行記録】 23分38秒
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2018.6.19


日本オリンピック委員会(JOC)の準加盟団体に認定される
2018年8月インドネシアで開催される第18回アジア競技大会に、パラグライディング競技が
航空スポーツとして初めて選ばれたことに伴い、航空スポーツの国内統括団体として、
当協会が(公財)日本オリンピック委員会(JOC)から準加盟団体に認定されました。
パラグライディング競技の日本選手団は、当協会からJOCに推薦し、その後JOCにおいて
 日本派遣選手団として決定されます。
 (参考)日本オリンピック委員会:https://www.joc.or.jp/
      第18回アジア競技大会:https://asiangames2018.id/
2018.5.14


ハンググライダー (O-1) 日本記録認定
平成30年1月2日と4日、服部良亮氏が、ハンググライダーの記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました
  【飛行記録】 直線距離(一般)     393.7km
          目的地直線距離(一般) 388.8km
          三旋点距離(一般)    166.4km
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2018.5.14


滑空機 (DO級/一般)日本記録認定
平成29年12月23日、市川展氏が、滑空機の記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました。
  【飛行記録】 自由往復距離(DO級/一般)      1005.21km
          1,000km往復距離速度(DO級/一般) 124.63km/h
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2018.4.17


模型航空機 F1D 日本記録認定
平成29年10月22日、木原一正氏が、模型航空機フリーフライトF1D室内機の滞空時間記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました。
  【飛行記録】 23分16秒
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2017.12.19


模型航空機 F1M 世界記録認定
平成29年7月7日並びに8月6日、檀上彰宏氏が達成されました模型航空機フリーフライトF1M室内機の滞空時間記録が、このたびFAIに世界記録として認定されました。
  【飛行記録】 F1M(天井高8m未満クラス)    18分 48秒
           F1M(天井高8以上15未満クラス) 20分09秒
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2017.11.24


音田哲男氏が2017年ラジコン飛行機曲技世界チャンピオンタイトルを獲得
平成29年11月3日〜11日アルゼンチンで開催されていました2017FAIラジコン飛行機曲技(F3A)世界選手権で日本代表選手の音田哲男氏が念願の初優勝に輝きました。
詳細は、レース公式ページ並びに日本模型航空連盟のページをご覧ください。
2017.11.13


室屋義秀氏が2017年レッドブルエアレース世界チャンピオンタイトルを獲得
2017レッドブルエアレースに参戦している室屋義秀氏が、平成29年10月15日インディアナポリス大会で優勝しました。この結果、2017年総合獲得ポイントでも1位となりアジア初となる2017年レッドブルエアレース世界チャンピオンタイトルを獲得しました。
詳細は、レース公式ページをご覧ください。
2017.10.12


模型航空機 F1M 日本記録認定
平成29年7月7日並びに8月6日、檀上彰宏氏が、模型航空機フリーフライトF1M室内機の滞空時間記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました。
なお、当記録は世界記録にも該当するため、現在、当協会を通じてFAIに申請中です。
  【飛行記録】 F1M(天井高8m未満クラス)    18分 48秒
           F1M(天井高8以上15未満クラス) 20分09秒
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2017.10.12


2018電動模型航空機世界選手権組織委員会が発足
2018年7月7月19日〜27日たきかわスカイパーク(北海道滝川市)で、アジア初の開催となるFAI公認 2018電動模型航空機世界選手権の大会組織委員会が2017年10月4日(水)航空会館で開催されました。
 
詳細は、こちらをご覧ください。
2017.10.12


滑空機 D15(15m 級/女性)日本記録認定
2017年1月7日に市川朱美氏が、滑空機の記録飛行に挑戦し、以下の日本記録を達成されました。
   D15級 女性 500km三角コース速度 121.37 km/h
   詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2017.5.15


「人力航空機」の統括団体認定証の交付
平成28年12月21日付けで「人力航空機」の統括団体として、統括種目を追加認定されました。
エクスペリメンタル航空機連盟(EXAL)に統括団体認定証を交付しました。
今後EXALは、「自作航空機」と「人力航空機」の二種目を統括する団体となります。
当協会会長の野村(左)よりEXAL会長の濱尾氏(右)へ認定証が交付されました。

EXAL会長の濱尾氏と当協会役員
交付日 2017.1.26

模型航空機 F1N記録がFAIに世界記録として認定される
平成28年7月5日に石井満氏が達成されました模型航空機フリーフライトF1N室内機の滞空時間記録が、このたびFAIに世界記録として認定されました。
  【飛行記録】 1分 0.5秒
認定日 2016.12.20

模型航空機 F1M記録がFAIに世界記録として認定される
平成28年9月23日に檀上彰宏氏が達成されました模型航空機フリーフライトF1M室内機の滞空時間記録が、このたびFAIに世界記録として認定されました。
  【飛行記録】 22分 41秒
認定日 2016.12.20

「人力航空機」の統括団体の認定について
平成28年12月21日付けで、エクスペリメンタル航空機連盟(EXAL)を「人力航空機」の統括団体として、統括種目を追加認定しました。今後EXALは、「自作航空機」と「人力航空機」の二種目を統括する団体となります。
認定日 2016.12.21

模型航空機 F1M 日本記録認定
平成28年9月23日、檀上彰宏氏が、模型航空機フリーフライトF1M室内機の滞空時間記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました。
なお、当記録は世界記録にも該当するため、現在、当協会を通じてFAIに申請中です。
  【飛行記録】 22分 41秒
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2016.10.28

模型航空機 F5D 日本記録認定
平成28年8月17日、大槻篤志氏が、模型航空機F5Dの周回コース速度記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました。
  【飛行記録】 56.98秒
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2016.11.2

模型航空機 F1N 日本記録認定
平成28年7月5日、石井満氏が、模型航空機フリーフライトF1N室内機の滞空時間記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました。
なお、当記録は世界記録にも該当するため、現在、当協会を通じてFAIに申請中です。
  【飛行記録】 1分 0.5秒
詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2016.10.3

パラグライダー(O-3)記録がFAIに世界記録として認定される
2015(H27)年11月2日に平木啓子氏が達成されましたパラグライダー(女性)目的地直線距離記録が、このたびFAIに世界記録として認定されました。
  【飛行記録】 301km
認定日 2016.7.25

滑空機 D15(15m級/女性)大陸記録(オセアニア)がFAIに認定される
2015(H27)年10月24日に市川朱美氏が達成されました滑空機 D15(15m級/女性)100km三角コース速度記録が、このたびFAIに大陸記録(オセアニア)として認定されました。
  【飛行記録】 145.53km
認定日 2016.7.25


「空を見上げて」in東京 (航空スポーツ教室)のお知らせ
2016(H28)年8月6日(土)、7日(日)に、「空を見上げて」in東京 (航空スポーツ教室)を行います。 みなさま、是非お越しください。【終了しました】

ハンググライダー(O-1)記録がFAIに世界記録として認定される
2016(H28)年1月7日に礒本容子氏が達成されましたハンググライダー(女性)目的地直線距離記録が、このたびFAIに世界記録として認定されました。
  【飛行記録】 367.6km
 cid:image002.png@01D1DDB7.974218A0
認定日 2016.7.13

「アキュラシー・アジア選手権で伊藤まり子選手が女子優勝!」
2016年5月27日〜6月3日の日程でカザフスタンで開催された、第3回FAIパラグライディング・アキュラシーアジア選手権にて、伊藤まり子選手が女子部門で初優勝に輝きました。

表彰台の一番高い位置に上がった伊藤まり子選手
写真提供:(公社)日本ハング・パラグライディング連盟


たくさんの応援メッセージが書かれたフラッグと共に
写真提供:(公社)日本ハング・パラグライディング連盟

(公社)日本ハング・パラグライディング連盟
http://jhf.hangpara.or.jp/

ハンググライダー (O-1) 日本記録認定
平成28年1月7日、礒本容子氏が、ハンググライダーの記録に挑戦し、以下の日本記録を樹立されました。 
なお、当該記録は女性世界記録にも該当するため、現在、当協会を通じてFAIに申請中です。

【一般及び女性 目的地直線距離】 367.6km 

 詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2016.3.30

滑空機 D1515m 級/女性)日本記録認定
20151024に市川朱美氏が、滑空機の記録飛行に挑戦し、以下の日本記録を達成されました。 
 なお、当記録はオセアニア大陸記録にも該当するため、現在、当協会を通じてFAIに申請中です。

  D15級 女性 100km三角コース速度 145.53 km/h
 
 詳細は、記録のページをご覧ください。
認定日 2016.2.15

▲このページのトップへ


過去の航空スポーツ新着情報(バックナンバー)
2015年
2014年
2013年
2012年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
2001年

一般財団法人日本航空協会へのお問い合せは
航空スポーツ室
電話03-3502-1203 FAX03-3503-1375
〒105-0004 東京都港区新橋1-18-1
e-mail nac@aero.or.jp

▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ