News Release WEB版航空と文化
 TOP>表彰
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001

平成30年度「空の日」
航空関係者表彰のご案内
 平成30(2018)年度、一般財団法人日本航空協会の航空関係者表彰式が、9月20日(木)、東京都港区新橋の航空会館で行われます。
 今年度、表彰の栄誉を受けられる方々は次のみなさまです。おめでとうございました。
航空功績賞
 航空に関する文化、科学技術および事業等の発展に著しく寄与された方やグループに贈る賞です。

石橋 明(いしばし あきら)氏
(株)安全マネジメント研究所 所長
航空少年団活動を通して青少年の健全な育成に尽力されるとともに、安全に関する研究成果の普及活動により航空の安全に貢献されました。
中野 秀夫(なかの ひでお)氏
元(一財)航空交通管制協会 専務理事
航空交通管制業務の近代化により安全で効率的な航空交通の実現に尽力されるとともに、我が国の国際航空ネットワークの発展に貢献されました。
  元山 近思(もとやま ちかし)氏
    元川崎重工業(株)代表取締役常務 航空宇宙カンパニープレジデント
    革新的な生産技術の導入によりボーイング787の国際共同開発事業などを成功に導くとともに各種団体活動を通じて我が国の航空宇宙産業の発展に貢献されました。
   八木  功(やぎ いさお)氏
    元全日本空輸(株)代表取締役副社長
    長年にわたり対話を通じ安全を最優先する企業文化の醸成・構築に尽力され、我が国の航空業界における安全文化の確立に多大な貢献をされました。
     
航空スポーツ賞
 航空スポーツのFAI世界記録を樹立し、又は同世界選手権者となった個人又はグループに贈る賞です。
檀上 彰宏(だんじょう あきひろ)氏
模型航空機による滞空時間世界記録を樹立(平成29年7月、8月)
フリーフライト室内機F1M級(117-a 天井高15m未満) 18分48秒
フリーフライト室内機F1M級(117-b 天井高8m以上15m未満) 20分09秒
音田 哲男(おんだ てつお)氏
2017年模型航空機ラジオコントロール曲技(F3A)世界選手権で優勝
(平成29年11月)
模型航空世界選手権コントロールライン曲技(F2B)日本代表チーム
(団長:横山 満(よこやま みつる) / 副団長 兼 選手:比気 勝(ひき まさる) / 選手:能米 昭一郎(のごめ しょういちろう)・村松 督浩(むらまつ まさひろ)
2018年模型航空機コントロールライン曲技(F2B)世界選手権で優勝 (平成30年 7月)
なお、本年度は航空亀齢賞、航空文化賞、航空特別賞、空の夢賞の該当者はありません。

日本記録証授与
市川 展(いちかわ まこと)氏
種目:滑空機(グライダー) DO級 一般クラス
自由往復距離 1,005.21km
1,000km往復コース速度 124.63km/h
木原 一正(きはら かずまさ)氏
種目:模型航空機 フリーフライト室内機F1D級
(125-c 天井高15m以上30m未満) 滞空時間 23分38秒
(125-d 天井高30m以上) 滞空時間 23分16秒
檀上 彰宏(だんじょう あきひろ)氏
種目:模型航空機 フリーフライト室内機F1M級
(117-a 天井高8m未満) 滞空時間 18分48秒 (※1)
(117-b 天井高8m以上15m未満) 滞空時間 20分09秒 (※2)
服部 良亮(はっとり りょうすけ) 氏
種目:ハンググライダー 一般クラス
直線距離 393.7km
目的地直線距離 388.8km
三旋点距離 166.4km
 (※1)(※2) 当該記録はFAI世界記録としてFAIより認定されている。

国際航空連盟(FAI)賞伝達
 国際航空連盟(FAI)は、航空スポーツの発展を目的に1905年に設立された国際組織で、スイスに本部を置き、世界選手権や世界記録の公認および航空スポーツの分野で功績のあった個人、団体の表彰などを行っています。日本航空協会は、日本唯一のFAI正会員として日本選手権の開催や日本記録の公認、世界選手権への日本選手団派遣、航空スポーツ功労者のFAIへの表彰推薦などを行っています。
アンドレイ ツポレフ メダル(1名) (The Andrei Tupolev Aeromodelling Medal)
<同一年に同一模型航空クラスの世界模型航空選手権及び国内模型航空選手権の両方に優勝した個人1名に授与される賞>
音田 哲男(おんだ てつお)氏
2017年模型航空機ラジオコントロール曲技(F3A)世界選手権、及び日本選手権において優勝されました。
FAI エア・スポーツ・メダル (FAI Air Sports Medal)
 航空スポーツに関連した委員会業務、競技会運営、若年層の教育訓練等に顕著な功績や貢献があった個人又は団体に贈る賞です。
山本 亮介(やまもと りょうすけ)
日本気球連盟のパイロットやインストラクター、イグザミナーの制度等の改革や運営に尽力されるとともに、インストラクターやイグザミナーとして後進の指導育成に努めるなど航空スポーツ普及に貢献されました。
中澤 愛一郎(なかざわ あいいちろう)氏
国内のクラブでは例のないプロフェッショナルな人材を登用することにより、世界水準のグライダー、軽飛行機の操縦訓練や整備サービス提供に尽力されるとともに、航空スポーツの飛行活動の環境整備や耐空検査員、教官として安全管理や後進の指導育成に努めるなど航空スポーツの普及振興に貢献されました。
西川 正秀(にしかわ まさひで)氏
NPO法人日本マイクロライト航空連盟の理事や大会役員を務めるとともに、自身も3度の日本選手権の優勝を果たされました。また、マイクロライト専用離着陸場としては国内初の事例となる「航空援助用無線局」を取得し、地域防災航空の環境整備や操縦指導者として後進の指導育成に努めるなど航空スポーツの普及振興に貢献されました。
▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ