News Release WEB版航空と文化
 TOP>表彰
English 新着情報 概要 文化事業 航空遺産 航空スポーツ 全地航 発着調整 航空クラブ 貸会議室
 

2022 2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001

令和3年度「空の日」
日本航空協会表彰のご案内
2021年9月21日に予定しておりました式典は、東京都の緊急事態宣言の延長に伴い、延期しておりましたが、11月1日(月)に開催されました。
今年度、表彰の栄誉を受けられた方々は以下のみなさまです。おめでとうございます。
◆航空亀齢賞
 長年にわたり航空宇宙の発展に尽力され、かつ数え年90歳になられた方に長寿を祝福する賞です。

榊 達朗(さかき たつろう)氏
元川崎重工業(株)取締役 航空機事業本部 副事業本部長
各種国産航空機の開発と国際的な共同開発および生産に尽力されるとともに、我が国の航空知識の普及と技術の向上に大きく貢献されました。
     
◆航空功績賞
 航空宇宙に関する文化、科学技術および事業等の発展に著しく寄与された方やグループに贈る賞です。

大前 傑(おおまえ すぐる)氏
元全日本空輸(株)代表取締役 副社長 執行役員
航空運送事業において安全を最優先する企業文化の醸成・構築に尽力され、我が国の航空業界における安全文化の確立に多大な貢献をされました。
     
◆航空特別賞
 社会的に航空宇宙の発展、思想の普及啓蒙に特に顕著な貢献をした方またはグループに贈る賞です。

JAXA災害対応航空技術チーム(代表:奥野 善則氏)
災害救援航空機情報共有ネットワーク(D-NET)システムの研究開発および実運用への協力により、大規模災害時の救援活動ならびに国家的イベントの警備における航空機の効率的で安全な活用に多大な貢献をされました。
JAXA「はやぶさ2」プロジェクトチーム(代表:津田 雄一氏)
「はやぶさ」の技術を継承発展させ、10項目に上る工学上の世界初を含む小天体からのサンプルリターンを成し遂げてその技術を完成するとともに、宇宙開発の普及啓発において多大な貢献をされました。
     
◆空の夢賞
 航空、宇宙に対する夢や希望を与え、または明るい話題を提供するなどユニークな貢献をした者またはグループに贈る賞です。

テトラ・アビエーション株式会社  teTraプロジェクトチーム(代表:中井 佑氏)
国際eVTOL開発コンペGoFlyにおいて唯一の受賞チームとなるなど「空飛ぶクルマ」を研究開発する大学発のスタートアップとして次世代の航空の可能性を示し、多くの人びとに夢と希望をあたえました。
株式会社 SkyDrive(代表:福澤 知浩氏)
社会実装に向けた公開有人飛行試験を日本で初めて成功させるなど「空飛ぶクルマ」を研究開発するスタートアップとして次世代の航空の可能性を示し、多くの人びとに夢と希望をあたえました。
株式会社Synspective 衛星システム開発部(代表:新井 元行氏)
スタートアップとして世界トップレベルの合成開口レーダー(SAR)を搭載した小型衛星の開発により民間の小型SAR衛星(100kg級)では日本初となる高精度の地球観測画像の取得に成功し、宇宙技術及びそのビジネスでの実利用の可能性を大きく広げるなど、多くの人々に夢と希望をあたえました。
株式会社QPS研究所 QPS-SARイザナミプロジェクトチーム(代表:大西 俊輔氏)
九州に宇宙産業を創出するべく 地場のパートナー企業と協力して開発した100s級小型SAR衛星において、分解能70cmという日本最高精細の地球観測画像取得に成功し宇宙技術及びそのビジネスでの実利用の可能性を大きく広げるなど、多くの人々に夢と希望をあたえました。
     
なお、本年度は航空文化賞、航空スポーツ賞の該当者はありません。

国際航空連盟(FAI)賞伝達
 国際航空連盟(FAI)は、航空スポーツの発展を目的に1905年に設立された国際組織で、スイスに本部を置き、世界選手権や世界記録の公認および航空スポーツの分野で功績のあった個人、団体の表彰などを行っています。日本航空協会は、日本唯一のFAI正会員として日本選手権の開催や日本記録の公認、世界選手権への日本選手団派遣、航空スポーツ功労者のFAIへの表彰推薦などを行っています。

●ポール ティサンディエ ディプロマ(Paul Tissandier Diploma)
 FAIの事務局長を務めたポール ティサンディエ氏に因んで制定された賞で、航空一般、特に航空スポーツ発展のために献身的努力を傾注し、団体組織等で指導的役割を果たし、その業績が顕著である個人に授与する賞賞です。

甲賀 大樹(こうが たいじゅ)氏
1960年代、国内初のディーゼルエンジン・ウインチの製作や、H-23B-2、三田式V型改1の開発に尽力され、2005年から2020年まで公益社団法人日本滑空協会の常務理事、事務局長を務め、グライダー統括団体としての体制構築や運営の効率化と財務の健全化、安全対策活動に尽力されました。また、2008年より12年間、FAI国際グライディング委員会の日本代表委員を務められました。これらの活動を通じて、日本のグライダー活動の発展に貢献されました。

●FAI エア・スポーツ・メダル (FAI Air Sports Medal)
 航空スポーツに関連した委員会業務、競技会運営、若年層の教育訓練等に顕著な功績や貢献があった個人又は団体に贈る賞です。

神島 馨(かみしま かおる)氏
2000年よりワタラセバルーンクラブ代表や一般社団法人栃木熱気球クラブ代表理事を務め、渡良瀬遊水地のフライトエリアの飛行環境維持に貢献されました。また、2010年より渡良瀬バルーンレース実行委員長を務め、特に2020年コロナ禍の中、日本選手権の開催に尽力されました。
1998年より(一社)日本気球連盟インストラクターとして後進の育成にも尽力されました。
陣内 靖介(じんのうち やすすけ)氏
1989年より九州工業大学航空部部長や公益社団法人日本学生航空連盟の要職を務め、2011年より九州グライダースポーツ連盟理事長を務められ、九州地域のグライダー活動の発展に貢献されました。また、長年にわたり国内の航空宇宙関係団体の要職を歴任し、航空宇宙工学の発展と、産業の活性化にも尽力されました

●青少年航空宇宙絵画国際コンテスト日本航空協会会長賞
 青少年航空宇宙絵画国際コンテストにおいて、最も優れた成績を収めた方に贈る賞です。

山本 華子(やまもと かこ)さん(8歳)
2021青少年航空宇宙絵画国際コンテストにおいて、最も優れた成績を収められました。
※尚、FAIヤング・アーティスト・コンテストにおいて「年少の部」3位を受賞されたため、「FAIヤング・アーティスト・コンテスト賞」もあわせて受賞となります。

●FAIヤング・アーティスト・コンテスト賞 (FAI YOUNG ARTISTS CONTEST)
 FAIヤング・アーティスト・コンテストにおいて、優秀な成績を収めた方に贈る賞です。

平山 遥都(ひらやま はると)さん(8歳)
FAIヤング・アーティスト・コンテストにおいて「年少の部」1位を受賞し、優秀な成績を収められました。
池田 葵(いけだ あおい)さん(14歳)
FAIヤング・アーティスト・コンテストにおいて「年中の部」1位を受賞し、優秀な成績を収められました。


▲このページのトップへ

日本航空協会のホームへ